teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


知内川情報

 投稿者:小鮎マニア  投稿日:2018年 7月22日(日)15時28分8秒
  本日も3:30に知内川メタセコイア付近に到着。
場所取りを考え早く来たがあまり意味はないかも...
職場の同僚とのんびり開始。
結果は10:30までで280匹程度でした。
途中に食いが渋くなったのと餌が無くなったんで終了しました。
橋上からや直接川を見る限りは魚影は濃いのですが、食わない個体が多いのも事実でした。
 
 

熱対策と乾物屋さん

 投稿者:西川ニッカ  投稿日:2018年 7月22日(日)11時52分7秒
  西川ニッカです。暑いですね~。今の釣りには水分と塩分の摂取が必要不可欠ですねー。

私の熱対策は、クーラーボックスに保冷剤を入れるだけでなく、500MLペットボトルを
3本くらいはお茶を凍らせて入れておきます。保冷剤は100均の銀マットで包み、更に
クーラーの底には新聞紙、銀マット包みの保冷剤、ペットボトル、その上に更に新聞紙。
自前の方策ですが、家に帰ってもまだ冷たいのでいつもそうやってます。
凍ったお茶は少しずつ溶けるので、それを飲む。解けなければ外に少し出す。
最高に冷たくて身体に染みます。更にお下劣ですが、このペットボトルを
股間に挟むと、大動脈が冷やされて身体がヒンヤリ気持ちよろしい。
カバヤの塩分チャージというラムネのようなお菓子のようなタブレット、
200円位で売っててこれも重宝しています。塩分とミネラル豊富みたいです。
マツキヨで買いました(私お菓子の回し者ではありませんので、念の為)。

さてこの暑さなんで、最近は家で先週知内川で釣ったコアユ乾物作りに熱中症。
①ミリン干し:眩影さんに教えてもらった作り方で。サンディーで買った150円の
    安いすき焼きのタレを代用。半日付け水気を切って、白ゴマを振り、
    一晩干す。軽く炙って頂きます。一夜にして出来るのがニクイねー。
②丸干し:もう頭とっちゃって良いやと思い知内川で頭とワタを処理した
    コアユを、薄い塩水(5%位。適当)で冷蔵庫で半日付ける。
    水気を切って干します。本当は日陰が酸化しないので良いのですが、
    サラリーマンには手間隙掛けたら疲れるわー、べらんめーめ!
    という訳で、3日間ベランダの軒下に干しっ放し。2日ではまだお腹
    に水気が残るので3日間が良い。まるでミイラ。カチカチ。
    これも軽く炙って頂きます。
なんか乾物屋さんになった気分で楽しい。家族もコアユのフライとか
天婦羅は飽きた、もう釣って来るな、とふざけた贅沢をいうので、
ぼくは最近乾物屋さんです。。。麦酒にサイコーなんだな、これが。
日持ちもするし、良いですよ。

暑さ対策と美味しいお料理、どうされてますか?良ければ教えて下さい。
 

こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2018年 7月21日(土)19時34分13秒
  琵琶湖虫さん、鴨川の情報をいただきましてありがとうございます。まもなくホームページを更新しますので、「川のコアユ釣り情報」に追加掲載させていただきます。

http://ushisan-web.com/

 

鴨川

 投稿者:琵琶湖虫  投稿日:2018年 7月21日(土)09時42分11秒
  こんにちは。普段は志賀浜で釣ってますが、この掲示板を拝見させて頂き川釣りに挑戦しても見たくなりましたがこの暑さで躊躇しておりました。今週時間があったので18日に鴨川に偵察の行ったところ炎天下でみなさん頑張っておられましたが暑さも吹っ飛ぶほど良く釣れていて適当な釣り場を探していたところJRの橋から湖方向に行った橋の日陰で悠々と釣っておられる方がいて翌日19日の早朝出かけてみました。車は止めやすく釣り場まで少し堤防をおり水深30センチほどの川を渡って橋の下で釣ってみました。日が上がっても日陰になって椅子に座って足を水に浸して釣りました。心地よい風が吹き抜けて家でクーラで涼んでいるよりはるかに快適で座ったまま釣れると言う何とも殿様風のこあゆ釣りを楽しくことが出来ました。竿は5.6メートルを使いましたが橋げたに届くので4メートルくらいだともっと楽に釣れたかも知れません。最初は中間らせんにシラスを詰めていましたが、シラスを入れなくても釣れることが知り餌なしで大丈夫でした。針は最初あゆ2.5号パールなしでしたが一投に一匹程度、途中で2.5号のパール付きにしたところ2連、3連、4連になりました。針の違いがこれほどはっきり分かったのは初めてでした。あゆの大きさは5センチくらいの小型から14センチほどのものまでさまざまで9時過ぎには200匹を超えてしまい家での処理、調理の限界を超えたので終了、あとはそのまま橋の下で涼んで皆さんの釣りを見て帰りました。家で腹出しして山椒たきと干物にしましたが昼から初めて4時まで掛かってしまいましたがおいしく頂くことが出来ました。川釣り初挑戦でしたがここでの情報のお陰で満足な一日となりました。  

こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2018年 7月20日(金)18時03分42秒
  大阪ジロウさん、湖南のアユも終わったし、これからは某所での小物釣りか宇治川でスゴモロコ釣りのどちらかとなりますかねぇ。でもこう暑いとなかなか釣りに出るのが億劫になりますねぇ。

のり巻きさん、知内川情報いただきありがとうございます。間もなくホームページ更新ですので、「川のコアユ釣り情報」に追加掲載させていただきます。

http://ushisan-web.com/

 

知内川

 投稿者:のり巻き  投稿日:2018年 7月20日(金)17時19分14秒
  7/20 末娘が熱を出してもお袋、オヤジと知内川へ。
何人かの釣り人も見えました。もしかしてこのブログを見てる方が見えてたかも(笑)。
早朝より12:00まで知内川で釣ってました。途中、オヤジがコケて…携帯が水没しました。(ヤバい)
朝方かなり跳ねてた鮎が9:00過ぎると魚影は見えるがなかなか食いつきません。自分たちより後に入られた方が予定釣果を釣られたみたいでお袋に場所を譲ってくれました。ありがとうございます。おかげ様でお袋もホクホク顔でその後は釣ってました。やはり、いっぱい釣れるのは場所とエサですなぁ。(もっと勉強しなければ)

オヤジの20年前の脳血栓(梗塞の手前)でのリハビリから始めた小鮎釣り。コケた時はヒヤっとしましたが、その後、順調に釣果を伸ばしてましたので良かったです。本当に場所を譲ってくれたオジサマ、ありがとうございました。
 

ushisanさん、おはようごさいます

 投稿者:大阪ジロウ  投稿日:2018年 7月20日(金)09時55分30秒
  お手数をお掛けします。
ついに湖南のコアユ釣り、全て完全予定終了ですか。今年は、結果的にはやはり堆積物の影響で、野洲川河口からの南下の減少がもろに湖南のコアユ激減に繋がったようですね。この分だと、その根本原因が解決されない限りは湖南の低調は続きますね。何とかして欲しいものですね。さて、ushisanさん、これからはいよいよ某所での小物釣りで楽しまれるのでしょうか。
 

おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2018年 7月20日(金)09時18分29秒
  大阪ジロウさん、川の小鮎情報をいただきましてありがとうございます。本日ホームページ更新時に「川のコアユ釣り情報」に追加掲載させていただきますので、よろしくお願いいたします。釣り場は「知内川」ではなくて、「芹川」に書き換えておきますがそれでよろしかったでしょうか?

淡麗さん、琵琶湖の水位がやっとマイナスになりましたねぇ。最近の釣り仲間の情報では、湖岸のアユは早朝でも結局見かけられなくなったとのことなので、ついに終わり確定です。
今シーズンの湖南の情報をマメに書き込みいただいてありがとうございました。

raiさん、私はどちらかと言えば食べたい派なのですが、手軽に食べられる価格ではなくなりましたから、結局食べるのを控えております。もっと手軽に買って食べられる日が来ると良いなぁなんて願っております。

http://ushisan-web.com/

 

暑さ対策

 投稿者:眩影  投稿日:2018年 7月20日(金)08時26分0秒
  大阪ジロウ様、淡麗様:
「あえて絞らないビタビタのタオルを首に巻く」ってのですが、私は真夏の釣行時は速乾性のメッシュ地Tシャツの上に速乾性の「長袖の白いヨットパーカー」を着ており、これに水を供給することで気化熱で体を冷やしているのです(^^;。長袖暑くない?と思うでしょうが、白い服は日光を反射しますから肌が直射日光でジリジリ焼かれるより涼しいです、日焼けしちゃって風呂で悲鳴上げる心配も無いですし(笑)。あと帽子はツバの広い麦藁帽かパームハット最強ですね(^^)。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman/

 

(無題)

 投稿者:rai  投稿日:2018年 7月20日(金)00時17分24秒
  ushisan様対応ありがとうございます

自分でもちょっと堅い意見かな?と思うフシはありつつも気になったもので

あの魚は僕も大好きなのでいつか気兼ねなく食べられる日が来ることを願っております
 

淡麗さん、ありがとうございます。

 投稿者:大阪ジロウ  投稿日:2018年 7月19日(木)22時37分38秒
  今がピークのこの暑さの中で釣るのは、尋常じゃないですよね。でも来てしまいます。最近芹川ばかりです。また、今月末か来月初めに。こちらこそ、よろしくお願いします。  

こちらこそ大阪ジロウ様

 投稿者:淡麗  投稿日:2018年 7月19日(木)22時04分56秒
  眩影さんのタオルを絞らずてのやってないと無理できないですよね。首周りを冷やして頭にはアイスノンでしょうか?陸にいるとサウナに入ってるのとおんなじかも。
思い切って全身水に浸かってないと釣りを続けるのはしんどいかなーと。
芹川でしたら行かれる時は場所は大体わかりますのでお会いできたら嬉しいです。

 

暑さで・・・

 投稿者:大阪ジロウ  投稿日:2018年 7月19日(木)21時44分52秒
  すみません。
暑さで思考回路が壊れたか。知内川じゃなく、芹川釣行でした!ご指摘ありがとうございました。
 

大阪ジロウ様

 投稿者:淡麗  投稿日:2018年 7月19日(木)21時24分17秒
  いらんこと言ってるのかも知れませんが知内川でその景色初見です。でもどっかで見たような・・  

暑いですね~

 投稿者:淡麗  投稿日:2018年 7月19日(木)20時59分15秒
  ZEP様、連休はどこも場所取り合戦になりますし暑いし、夜釣りの方が落ち着きますよね。
その時はぜひご一緒させて下さいね。

Monotone様、綺麗な反射の仕掛けですよね。レジン使うとは気が付きませんでした。
木工用ボンドでまいっかと針の再利用考えて思ってた次第です。それだけでも何か魚にはアピールできてるんでしょうねー。ロストしても大丈夫、でも面白くって綺麗だなあーと思いました。

西川ニッカ様、ちないちないバー!  思いつきもできませんでした。名言ですね。めちゃうけました。 めっちゃ気合入ってはるのわかりますー。仕事場の滋賀のおっちゃんは400釣れたそうです。朝2時半現地着ですけどね(笑)それでも2番だそうです。

右京の父様、何がいけなかったのかわかりませんが、リリースの考え方はとても共感いたします










 

知内川釣行

 投稿者:大阪ジロウ  投稿日:2018年 7月19日(木)20時30分37秒
  ushisanさん、皆さん、こんばんは。
本日、知内川いつもの釣り場へ。朝組が帰り入れ替わりの時間をという読みで、9時過ぎ到着。身の丈程に伸びたボサをかき分け川へ。先客一人のみ。ポイント選び放題。少しお話しして、先月来た辺りに。テレメーターでは、水位は前回より-10cmでも、程よい流れと水量。金銀パールの4本針発泡棒ラセン1.5で、10時前から開始、一投目から幸先良く。試しに餌なしでも釣れる!しかし暑い。この間の眩影さんのタオルを絞らず、を思い出して試す。涼しくて気持ちいいー!だが、暫くしてズボンボトボト長靴の中まで水が・・・。油断大敵。昼食後、銀パール三本針ラセンチュウブを試す。問題なく、暑くなっても快調に、二連三連そしてまたまた二連三連。しかし、ポロリや脱走で三割位は。なんぼでも釣れるが、結構な数が釣れたし暑いので、珍しく1時で納竿。帰りに釣りの師匠へ進呈したら、88匹だったそうです。この後も適当に雨が降ってくれて、このくらいの水位を保ってくれたら、と気持ちは次の釣行へ。
 

右京の父さん、ありがとうございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2018年 7月19日(木)19時57分25秒
  お気遣いいただきありがとうございます。今後とも「淡水小物釣り掲示板」をどうぞよろしくお願いいたします。

http://ushisan-web.com/

 

知内川でニアミス

 投稿者:Monotone  投稿日:2018年 7月19日(木)18時51分6秒
  西川ニッカさん
16日は橋を挟んでニアミスでしたね。
あの猛暑の中8時間の釣行とは頭が下がります。m(__)m
私は次回の知内川は多分ヤナが解放されてからになると思いますが、カメラの三脚使用で(鮎吉さんのまねですが…)キラキララセン仕掛を振り回していたら私ですので、又お会いできましたらお声掛け下さい。
また、絶滅危惧種や希少種の情報は難しいところがありますよね?
つい最近まで、琵琶湖の本モロコもその様な状態でしたものね。
やっと少し復活してきて、釣りのターゲットになり得そうになったところを、この掲示板の皆さんの情報を参考に、懐かしさのあまり本モロコの味を忘れられず他に食べる物はあるのに釣行をしている私としては複雑な心境であります。
しかも昔は魚影が濃いのにのべ竿でせいぜい2本針、今はリール竿使用の胴付き5本針仕掛ですもの。少し考え直さなければあかんかな?なんて思ったりもします。
私が子供の頃は田んぼの畦際の小川でドジョウがいくらでもとれましたが、今ではそれも希少種ですものね。
(味は少しウ○○に似てるかな)
もちろん本モロコの復活は、放流や環境整備等の努力もあるでしょうから、ウのつく魚も人口孵化技術が確立し、シラスウ○○を大量に放流できると良いのですが…
でも釣りたいし、情報欲しいし、情報もらったら少しはこちらからも参考になればって思ったり…
あぁ悩ましい…(/o\)


 

削除しておきました。

 投稿者:右京の父  投稿日:2018年 7月19日(木)18時11分4秒
  皆さんこんばんは。

元々は私の書き込みから端を発したものだと思われます。
気分を害された方々には申し訳ない。
一応それっぽい書き込みは削除しておきました。
過不足を感じられましたらushisanさんの判断でお願いします。

因みに私は(家族が食べる分だけ)釣りますし釣ったら食べます。
(小さいのはダメージ低ければリリースします。)
基本的に食べない魚は釣りません(狙いません)。
(外道で釣れてダメージ低そうならリリース、無理そうなら出来るだけ食べます。)
 

zepさん、ありがとうございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2018年 7月19日(木)16時56分34秒
  早速対応していただきましてありがとうございました。
私の書き込みも再編集させていただきました。私の方こそお手数かけることになってしまって申し訳ありませんでした。

http://ushisan-web.com/

 

レンタル掲示板
/266