teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:772/4980 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ワカサギ掬いから小鮎釣りへ

 投稿者:柚子の大馬鹿  投稿日:2018年 3月 9日(金)17時07分24秒
  通報
  皆様長い間ご無沙汰しております。
今シーズンの真冬の琵琶湖のデカいワカサギ掬いも終わりました。
例年になく悪くて、今までの年なら100や200匹くらいなら、それ程苦労しなくても掬えたのですが、今期シースンでは3桁越え掬いが、17~18回通った内でわずか3回ばかりで、ココ4年間くらいの間で最低ランクでした。

今年は異常に雪が多かったので、来季のワカサギ掬いに期待しています。

このところでは暖かく成ってきているので、そろそろ小鮎釣りが始まるでしょう。
浜大津方面の小鮎釣りは不調の様ですが、湖西の志賀辺りでは気配が見え始めるころです。
自分の推測では3月下旬に成れば、志賀トイレ裏近辺には釣り人が並び始めるでしょうね。

気の早い話、昨日今日の雨で ワタクシのホームグラウンドである知内川では、この雨で下開田の水位観測所で、水位が47~48cmまで上がり、
多分、ヤナが設置されるまでの間に上流へ登る1番登り~2番登りが期待出来ます。

今年の漁師さんが獲る小糸漁では、すでに8~10cm程度まで大きく成った小鮎が獲れている居るらしいので、この大きさの1番登り、2番登りであれば、知内川のグラウンド裏辺りで4月後半から流し釣りで、大いに期待出来そうです。

まずは
蓬莱~志賀辺りの浜釣りからスタートで、順次~北小松~今津の北浜方面へ連れるのがパターンですが、昨シーズンに良く釣れた今津北浜の流れ込み近辺の浜釣りが、昨年並みにデカいのが釣れればと、北浜の5月の浜釣りにも期待を込めております。

ちなみに
もう終わってしまったワカサギ掬いですが、写真の様なデカいワカサギがたも網一つで掬えてしまうのです。

来季シーズンが楽しみの一つです。

http://blogs.yahoo.co.jp/gggz6xh9k

 
 
》記事一覧表示

新着順:772/4980 《前のページ | 次のページ》
/4980