teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


北斗の会 東北遠征NO3

 投稿者:北濃登美男  投稿日:2019年10月14日(月)17時46分55秒
  写真追加します。
①磐梯山から猪苗代湖
②吾妻小富士から一切経山、浄土平
③旅館「玉子湯」玄関にて
 
 

北斗の会 東北遠征 NO2

 投稿者:北濃登美男  投稿日:2019年10月14日(月)17時42分44秒
  東北遠征 写真追加
①磐梯山山頂
②浄土平
③吾妻小富士
 

北斗の会 東北遠征

 投稿者:北濃登美男  投稿日:2019年10月14日(月)17時37分26秒
  2019年北斗の会東北遠征報告
日 時:2019年10月9日~11日
場 所:磐梯山・浄土平(吾妻小富士)・安達太良山
参加者:関西から85荒木、153吉田梢、158荒木、159松村、157友田、こぶしの会高畠、
    東京から113北濃、208大島、263阪口 合計9名
コース:
10月9日(水)天候晴、13:30郡山駅集合しレンタカー2台で裏磐梯五色沼(毘沙門沼)散策
      休暇村裏磐梯(泊)
   10日(木)天候快晴、八方台登山口より磐梯山ピストン、その後車で磐梯吾妻スカイラインを通
      り、浄土平へ吾妻小富士ピストン。後 高湯温泉 旅館「玉子湯」泊
  11日(金)天候雨、安達太良山は中止、台風19号が本土に近付いてきているので、直帰する事とし
       郡山駅に車で直行し、午前中の新幹線でそれぞれの方面に帰る。
報 告:①磐梯山からの360度の景観は最高でした。北は月山、朝日、西に飯豊山、南に那須茶臼岳、
     日光男体山等
    ②休暇村「裏磐梯」、高湯温泉「旅館玉子湯」も良かった。特に玉子湯の硫黄泉。
    ③磐梯山、吾妻スカイライン、浄土平からの紅葉もやっと秋が来たと実感した、東北の秋は
     早い。
    ④安達太良山は残念でしたが、楽しみは残しておきましょう。
    お疲れ様でした。また来年よろしくお願いします。
 

現役の様子(10/12-14)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年10月12日(土)06時10分40秒
  中西監督の週報を転載します。

・自転車琵琶湖一周(13日-14日)
 今回は春合宿でニュージーランドに挑戦をする1回生を連れてのはじめての合宿になります。
 上回生は夏にも同じコースを走っていますが、台風通過後の風が強い状態でどれだけ走ることができるか試されます。

※12日出発予定でしたが暴風が予想されるため出発日を遅らせています。

・連休中に予定されていたSL養成合宿A(葛城、金剛山)は台風の影響を考慮して中止になりました。


https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

捕捉

 投稿者:大西442  投稿日:2019年10月 9日(水)20時54分56秒
  うめたにカフェは食事の持ち込み、大丈夫です  

OB ハイキングの御案内

 投稿者:大西442  投稿日:2019年10月 9日(水)20時53分48秒
  《日程及び集合場所》
11月9日(土)午前10時
JR 大和路線加茂駅改札前
《コース》
大仏鉄道跡の散策
加茂駅から橋台、隧道跡などを見ながら
全行程六キロで、うめたにカフェがゴール
(小学校舎を移築した公民館跡)

ここでは飲酒可能、食事持ち込み?、食事の予約可能、昼食後解散
(バス停はすぐ横、JR 木津方面に帰れます)

解散後は、自由行動ですが、JR 奈良までの
大仏鉄道跡(車道歩き7キロ)を行くことも出来ます。

以上参加希望の方、よろしくお願いします。
09082344235大西
 

現役の2019年秋総会

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年10月 7日(月)11時10分10秒
   10月6日(日)、新町キャンパスにおいて2019年度秋のDWV現役の総会が開催され、3回生から1回生まで現役総勢18名(3回生7名、2回生5名、1回生6名)と、稲岡部長先生、監督、コーチ、OB会役員が報告を聞きました。
 前期活動報告では、夏合宿の大雪山系、自転車での北海道や、沢登り、ラフティング、無人島PWなど、ワンゲルらしい幅広い活動の様子を報告してくれました。
 また、例年通りファーストエイド(応急・救命処置)講習、大学生登山リーダー研修会などに部員を派遣し、DWV全体のスキルアップと安全な活動を目指しています。ここでの交流では、他大学との意識の違いや安全装備の格差など、毎年課題を見つけていて非常に有意義な研修となっているようです。
 後期には、冬山グループは南八甲田を目指し、自転車グループはニュージーランドに遠征して春合宿を行ないます。

  総会恒例のザックナンバー授与式では、夏合宿をやり遂げた65期新人6名(男子4名、女子2名)に758から763までの新しいザックナンバーが授与され、ナンバー付きの黒色やオレンジ色のユニホームが稲岡部長先生から一人一人に手渡されました。DWV部員としての自覚が芽生えてきた様子が、それぞれの抱負の言葉の端々に現れています。

http://www.tjar.jp/index.html

 

59年度生 同期会

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年10月 4日(金)11時01分53秒
  入部以来60年 満を持して同期会を開催 一人入院中・五人故人で残り全員11名参加 内一名2年退部の52大武氏も特別参加 同期会は初めてで、おそらく全員参加は最後になると思われる 古い写真を囲んでワイワイガヤガヤ三次会まで。 大武氏は卒業以来の対面 故人は59和田’94没・57高井'11没・60戸田’12没・47林’15没・56下田’15没の5名
画像① 向かって左から45藤原・51岡本・52大武・48市田・58高須・53坂口・トイメンに49中川・54佐野・50西村・46福留・44平賀の11氏
② '59.6月鈴鹿新人錬成 43・44・46・49・50・52・53・54・58・59
③ 同合宿 中野さんが懐かしい 前列左から27平野・22藤本・18中野・?・28畠山 後列53坂口・30新居の各氏 ②③は大武氏持参
 

現役の様子(9/28-29)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 9月28日(土)07時15分11秒
編集済
  中西監督の週報を転載します。

中西です。今週末の予定です。前期最後の活動になります。

長良川ラフティング(9/28-29)
3週間前に行った長良川に再び挑みます。前回は経験豊富なOBが主導していましたが、今回は現役が主体です。
初めは現役生だけで挑戦する予定だったのですが、念のためにアドバイザーの三宅に同行してもらうことになりました。
現役の様子を良く見てくれているので安心です。

今週は以上です。

https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

ちーむみやけ9月度活動報告②-1

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 9月24日(火)18時01分46秒
  活動地   京都北山 廃村八丁

地 図   山高地図46 京都北山

活動日   9月16日(月・祝)

参 加   170笹田・175片田

天 候   晴⇒ 曇り⇒ 小雨

食 当   片田 ;目玉焼き焼肉 焼きそば


 朝8時20分出町柳を出発。 花脊峠を越すが昨年の台風による倒木の整理は遅々として進まず無残な状況が目につきます。この前の15号台風による房総半島の惨状や如何ばかりかと思われます。


 9:30 菅原バス停近くに車を停める。9:45ホトケ谷を沢沿いに進む。気持ちいい沢筋だが歩き始めると暑い。途中小休止して梨を食べ、11:00丁度にダンノ峠に上がった。

このコースはこのメンバーで何回か来ているが倒木に苦労したせいか、我等の歳のせいか一番しんどかった。


 ゆっくり休憩して11:15に廃村に向かうがこの頃から雨がパラツキ始めたので八丁近くの「同志社大学八丁山・新心荘」の軒下に座り込み昼飯。

食後さらに廃村に向かうが、雨が本降りになりそうになってきたので踵を返しました。


ダンノ峠からの帰路は雨に濡れる沢筋を避けて尾根道をとりました。


この後鞍馬の温泉に浸かり、洛中での打ち上げ。10月の予定などを打ち合わせました。


写 真①  ダンノ峠 ほとんど人の通らない峠ですが 標識だけが昂然と立っていました。

写 真②  「同志社大学八丁山・新心荘」 ブロック積のしっかりした小屋です。

写 真③  『同志社大学・自然環境研究室』 立派な看板が掲げられていますがこの山中ではなかなか活用し難いかなと思った。
 

ちーむみやけ9月度活動報告②-1

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 9月24日(火)17時52分2秒
  写 真④  同志社の小屋の軒を借りて昼飯。雨の中助かりました。食当は吾、目玉焼き焼肉と焼きそばでした。

写 真⑤  深い森の中には朽ちつつある巨大な樹がそのまま。背後の青々した若い樹々が対照的です。

写 真⑥  朽ちつつある巨大な樹のいろいろな思いが手をつうじて流れてくるようでした。
 

現役の様子(9/14-17)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 9月14日(土)04時50分53秒
  中西監督の週報を転載します。

中西です。今週末の予定です。

春合宿下見合宿(9/14-17)
春合宿を予定している八甲田山域の下見合宿を行います。過去にあまり入ったことがない南八甲田地域も計画に入っているので、入念に下見を行うように指示しています。

ここ数年、就職活動の早期開始に伴って、2月に春合宿を行うようになりました。2月の東北は気象条件が厳しいので下見の結果も踏まえて慎重に春合宿を行う山域を選定してもらおうと考えています。

今週は以上です。

https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

現役の様子(9/7-11)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 9月 7日(土)06時41分12秒
  中西監督の週報を転載します。

おかげさまで8月の合宿はすべて無事に終わりました。報告書にあるように反省点は多々ありますが、次の合宿に活かせるように改善してまいります。

さて、今週末から週明け(9/7-11)の予定です。

①ラフティング(9/7-8 長良川)
ラフティング経験の豊富な奥田コーチをはじめとしたOBと現役の混成チームで長良川を下ります。
今月末には現役生だけで同じ長良川を下る計画があがっているのですが、その力量があるのかを奥田コーチをはじめとするOBに見極めてもらいます。

②無人島PW(9/9-11 徳島県 牟岐大島)
毎年お楽しみの無人島合宿です。この合宿につられて入部した一回生もいるようです。
ただ気を抜くと危険なので、他の合宿同様にKY(危険予測)を参加者全員で行い、安全を意識しながら楽しむようにPLの柿島に指示を出しています。


なお台風15号の影響は両合宿とも受けないと考えていますが、無人島はうねりが残る可能性があります。ちょうど8日は夜勤なので台風の動向とともに牟岐大島付近の波浪状況もみてアドバイスを送ります。


https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

北山川

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年 9月 5日(木)17時13分51秒
  残暑が続いています そこで水の思い出をひとつ
2004年秋 三重・和歌山・奈良の三県境をなす北山川に遠征しました 北山川は大台ケ原を水源にする熊野川の支流です 風光明媚で有名な瀞峡があり、観光のイカダ下りもあります 最近はパドルスポーツも盛んになりました
上陸地点の玉置口に車を一台デポして、七色ダム下流の音乗からスタート 相方の58高須と玉置口で合流、テント泊 装備 車2台・ダッキー・テント泊一式・ヘルメット・パドルスーツ・セーフティジャケット 北山川の注意点 イカダ下りの為、ダム放水があり川が急増水する 瀞峡はプロペラ船が30分ごとに運行している
10/16 15:30高須と玉置口で合流 近くのキャンプ場が台風被害で閉鎖していた 仕方ないので国道わきの空き地にテント設営 夕食は鴨鍋 相方のイビキがすごい
10/17 パドルスーツに着替えてから玉置口へ車を駐車する もう一台で音乗へカヌーを積んで出発 8時音乗到着 ダッキーを担いで川へ降りる 降りた所からすぐすごい瀬だ なかば滝のような狭くて曲がっており、すさまじく速い80mほどのホワイトウオーターだ 恐ろしくてシュミレートをイロイロしたが、40分経っても怖くてダッキーを川に降ろせない 相方に励まされエイヤッ!と漕ぎ出したのが9:20 瀬は激しすぎてパドルが殆どきかず、唯流されたにすぎなかった この音乗の瀬を乗り切った後は、敵なしでルンルン気分で下れた しかし台風の後の川なので流木などが多く、偵察やハンディングがあって疲れた イカダの出発点の上流にダム放水口があって、すでに放水が始まっていた 放水流が流れに直角に対岸まで届いている これを乗り切ると川の圧力・速度が激変した 昼食をとって時間をずらす 瀞峡は観光船とのスレ違いに気を遣う ヘトヘトになって14:20玉置口に着いた 5時間漕行だ 達成感が半端でなく満足した 音乗で車を回収して21時犬山帰宅
イカダ下り 60年前の大峰秋合宿で前鬼に降りた時、北山川を下るイカダがなつかしく思い出される 当時は材木運送であった パドルスポーツ カヌー・ラフト等の川のスポーツ ダッキー プチレン製の空気で膨らませるインフレクタブルカヌー パドルスーツ クロロプレン製の耐水ウエア 防水・浮力・断熱・緩衝性がある ハンディング 川に障害があって漕行できない時カヌーを担いで運ぶこと ホワイトウオーター 激流で水が白く泡立っているポイント
画像①上流部のホワイトウオーター ②ダム放水口を乗り切って放心している

?
 

西穂高岳・独標①

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月15日(木)15時14分29秒
  台風が近づき気になりましたが、南の海で停滞している間にこの13日(火)、西穂高岳・独標(2,701m)まで行ってきました。台風前で天候に恵まれ良い山の写真が撮れましたのでアップします。

写 真① ロープウェイからは穂高連峰から遠く槍ヶ岳までの眺望でした。

写 真② 西穂高口駅 背景は独標・ピラッミド・西穂が続いています。

写 真③ 樹間を抜け、西穂山荘を越して振り返りますと 焼岳の大きな姿が現れます。

 

西穂高岳・独標②

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月15日(木)15時06分25秒
  写 真④ 西穂・丸山(2,452m)から、本当に優美な笠ヶ岳です。

写 真⑤ 木陰のない、チリチリと焼けつくような尾根道を独標に向かいました

写 真⑥ 独標は大渋滞、直下で一休み。
 

鴨の巣 そのご

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年 8月15日(木)07時47分31秒
  あの後 田んぼの主人宛に「畔ののり面の草刈りを、しばらく伸ばして欲しい」と、くくり文を巣の近くに建てておいた 7月末の朝 初めて巣がカラッポになっていた 慌てて巣を覗き込んだが、羽毛が少し残っているだけで卵も卵殻も無い という事は抱卵の巣でなくただの寝床だったのだ 翌朝見たらちゃんと巣に戻っていた たぶん昨日は食事に出かけていたのだろう 私も気が楽になってくくり文を処分した それから一週間ほどした雨上がりの朝、巣がのり面から田んぼの中へ滑り落ちていた それでも彼(?)は巣に居続けていた でも今まで抜いてあった田んぼの水が又張られて、ついに出て行った
そもそも彼は、巣の基本を教えてもらう機会が無かったのだろう ①人や犬が通る道路脇 ②田んぼは水を抜いたり張ったりする ③のり面は傾斜があり雨水が流れ落ちる、と言うようなことが判らなかったのだ
だいじょうぶ! 若いから生きていける! だいじょうぶ

?
 

温泉検定テキスト

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 8月14日(水)07時48分30秒
   先日の創立コンパの際にも紹介させて頂いた通り、NO.27 平野富雄さんが日本温泉名人検定試験のためのテキストをまとめられ、今年6月末に発刊されたばかりの二誌を送って頂きました。

 平野さんは、工学部卒の理学博士で、神奈川県温泉地学研究所所長をされていた方です。
 既に、申込みは締め切られていますが、今年12月8日に開催される一般社団法人日本温泉協会主催の第1回日本温泉名人認定試験「温泉検定」のためのテキストとして、「温泉検定テキスト」と「温泉総論」を預かっています。
 アカデミックな内容ですが、温泉に興味のある方には基礎知識を得るために充分の本と思います。

 山から下って麓の温泉に入るのは至極の喜びです。この機会に温泉の勉強をしたい方、当方までご連絡ください。

 下記URLもご参照下さい。



https://www.spa.or.jp/news/seminar/3143/

 

現役の様子(8月の予定)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 8月14日(水)06時50分8秒
  中西監督の週報を転載します。

 中西です。すでに8月の半ばになりましたが今月の活動予定をまとめました。PNGファイルとPDFファイルで送ります(PNGは掲示板にアップすることができます)。

 夏合宿Aは台風10号の影響を受ける前に下山予定です。逐一情報は取るように伝えていますので、状況に応した判断をしてくれると思います。

 夏合宿Bや自転車はこれからの出発になります。どちらもフェリーを使いますが、Bの出発が16日夜になるので欠航の可能性があります。その場合は翌日の便を速やかに手配するように指示しています。

 9月は無人島やラフティングの予定がありますが、まだ承認していないものもありますので、決まり次第お伝えいたします。



https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

昭44卒・同期会(三須君を偲んで)①

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月11日(日)10時04分1秒
   8月3日(土)4日(日)灼熱の京都で同期会(三須君を偲んで)。

北海道から164橘、埼玉から172藤田夫人和美さん、東京から162大塚、岐阜から小木曽夫人陽子さん、京都から187加藤さん、165中川、170笹田、大阪から197中島、堺から179井阪、175片田と各地から集まりました。


50年の歳月、メンバーが少し欠けるのも栓方なしですが、2日間市内を巡り、皆元気溌剌!旧交を温めました。


写 真① 3日、初めに三須家の宗旨に沿い 浄土真宗大谷派総本山・東本願寺にお詣し、読経・焼香しご冥福を祈念しました。


写 真② “追悼登山”をということで銀閣寺から大文字山火床を往復しました。38度を超す炎熱、さすがにこれは50年前に卒業したワンダラーにはちょっと酷でした。


写 真③ 火床から市内を望み、吉田山やこの大文字山までトレーニングで走ったことなどを思い出し懐かしみました。
 

レンタル掲示板
/87