teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


西穂高岳・独標①

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月15日(木)15時14分29秒
  台風が近づき気になりましたが、南の海で停滞している間にこの13日(火)、西穂高岳・独標(2,701m)まで行ってきました。台風前で天候に恵まれ良い山の写真が撮れましたのでアップします。

写 真① ロープウェイからは穂高連峰から遠く槍ヶ岳までの眺望でした。

写 真② 西穂高口駅 背景は独標・ピラッミド・西穂が続いています。

写 真③ 樹間を抜け、西穂山荘を越して振り返りますと 焼岳の大きな姿が現れます。

 
 

西穂高岳・独標②

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月15日(木)15時06分25秒
  写 真④ 西穂・丸山(2,452m)から、本当に優美な笠ヶ岳です。

写 真⑤ 木陰のない、チリチリと焼けつくような尾根道を独標に向かいました

写 真⑥ 独標は大渋滞、直下で一休み。
 

鴨の巣 そのご

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年 8月15日(木)07時47分31秒
  あの後 田んぼの主人宛に「畔ののり面の草刈りを、しばらく伸ばして欲しい」と、くくり文を巣の近くに建てておいた 7月末の朝 初めて巣がカラッポになっていた 慌てて巣を覗き込んだが、羽毛が少し残っているだけで卵も卵殻も無い という事は抱卵の巣でなくただの寝床だったのだ 翌朝見たらちゃんと巣に戻っていた たぶん昨日は食事に出かけていたのだろう 私も気が楽になってくくり文を処分した それから一週間ほどした雨上がりの朝、巣がのり面から田んぼの中へ滑り落ちていた それでも彼(?)は巣に居続けていた でも今まで抜いてあった田んぼの水が又張られて、ついに出て行った
そもそも彼は、巣の基本を教えてもらう機会が無かったのだろう ①人や犬が通る道路脇 ②田んぼは水を抜いたり張ったりする ③のり面は傾斜があり雨水が流れ落ちる、と言うようなことが判らなかったのだ
だいじょうぶ! 若いから生きていける! だいじょうぶ

?
 

温泉検定テキスト

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 8月14日(水)07時48分30秒
   先日の創立コンパの際にも紹介させて頂いた通り、NO.27 平野富雄さんが日本温泉名人検定試験のためのテキストをまとめられ、今年6月末に発刊されたばかりの二誌を送って頂きました。

 平野さんは、工学部卒の理学博士で、神奈川県温泉地学研究所所長をされていた方です。
 既に、申込みは締め切られていますが、今年12月8日に開催される一般社団法人日本温泉協会主催の第1回日本温泉名人認定試験「温泉検定」のためのテキストとして、「温泉検定テキスト」と「温泉総論」を預かっています。
 アカデミックな内容ですが、温泉に興味のある方には基礎知識を得るために充分の本と思います。

 山から下って麓の温泉に入るのは至極の喜びです。この機会に温泉の勉強をしたい方、当方までご連絡ください。

 下記URLもご参照下さい。



https://www.spa.or.jp/news/seminar/3143/

 

現役の様子(8月の予定)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 8月14日(水)06時50分8秒
  中西監督の週報を転載します。

 中西です。すでに8月の半ばになりましたが今月の活動予定をまとめました。PNGファイルとPDFファイルで送ります(PNGは掲示板にアップすることができます)。

 夏合宿Aは台風10号の影響を受ける前に下山予定です。逐一情報は取るように伝えていますので、状況に応した判断をしてくれると思います。

 夏合宿Bや自転車はこれからの出発になります。どちらもフェリーを使いますが、Bの出発が16日夜になるので欠航の可能性があります。その場合は翌日の便を速やかに手配するように指示しています。

 9月は無人島やラフティングの予定がありますが、まだ承認していないものもありますので、決まり次第お伝えいたします。



https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

昭44卒・同期会(三須君を偲んで)①

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月11日(日)10時04分1秒
   8月3日(土)4日(日)灼熱の京都で同期会(三須君を偲んで)。

北海道から164橘、埼玉から172藤田夫人和美さん、東京から162大塚、岐阜から小木曽夫人陽子さん、京都から187加藤さん、165中川、170笹田、大阪から197中島、堺から179井阪、175片田と各地から集まりました。


50年の歳月、メンバーが少し欠けるのも栓方なしですが、2日間市内を巡り、皆元気溌剌!旧交を温めました。


写 真① 3日、初めに三須家の宗旨に沿い 浄土真宗大谷派総本山・東本願寺にお詣し、読経・焼香しご冥福を祈念しました。


写 真② “追悼登山”をということで銀閣寺から大文字山火床を往復しました。38度を超す炎熱、さすがにこれは50年前に卒業したワンダラーにはちょっと酷でした。


写 真③ 火床から市内を望み、吉田山やこの大文字山までトレーニングで走ったことなどを思い出し懐かしみました。
 

昭44卒・同期会(三須君を偲んで)②

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月11日(日)09時53分41秒
  写 真④ 六角東洞院の“花伝”で入浴、滴る汗を流し懇親宴会。やんごとなき野暮用で来られなかった190京谷さん、176佐藤も写真で参加。


写 真⑤ 遠来の人、久しぶりに京の雰囲気を愉しむ。


写 真⑥ 二次会は夷川新町の“笹田料理旅館”で制限なしのワイワイ。
 

昭44卒・同期会(三須君を偲んで)③

 投稿者:175片田  投稿日:2019年 8月11日(日)09時47分39秒
  写 真⑦ 藤田、小木曽、三須も冷たいビールを飲んで一緒にワイワイ。


写 真⑧ 4日、下鴨 糺の森に公開された旧三井家下鴨別邸を訪れ、広い庭園を散策し、涼やかな主屋座敷でお抹茶などを頂きました。

     下鴨神社は海外からの旅行者が多かったのですが静かな佇まいでした。


写 真⑨ 昼は同志社・寒梅館7Fでフランス料理を楽しんだ後キャンパスを歩きました。

     この日はオープンキャンパスで来春受験を目指す若者で溢れ、母校の隆盛を喜びました。
 

想いで 大峰南奥駆け

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年 8月 3日(土)10時23分16秒
  最近TVドキュメントに和歌山の玉置神社があった 昔山行途中に通過している 大峰南奥駆けの最後にある知られた山が玉置山だ 社伝によればBC63年創建の由緒ある神社だ
大峰は大好きだ 学生時代から7回延べ28日御厄介になった 吉野から熊野まで通して縦走したこともある 玉置山を通ったのは1980.年4/30~5/4で前鬼から熊野のいわゆる南奥駆けであった
4/30 マイカーにザックを積んで出勤 12時会社をズル抜けして出発 吉野家で牛丼を2ケ買う 前鬼口17時着 道端に駐車して、牛丼を19kgあるザックにぶら下げ雨の林道を傘を差し歩き出す 真っ暗になり登山口を見過ごさないよう慎重に歩く 前鬼の宿坊の小仲坊に着いたのは20時を過ぎた 投宿者はもう就寝している 縁先でビール・酒をたのみ牛丼を楽しむ
5/1 夜2時に満月が出る ブッポウソウ*1も鳴き出した 朝2ケ目の牛丼を食べ6時に出る 童子岩の門を抜け太古の辻 いよいよ18年ぶりの南奥駆けの始まりだ ルートは以前の鉈目*2頼りがウソのように整備されている 立派になった持経の宿に着く 前の水場は大きな山犬が群れてタムロしていた 今夜も満月にブッポウソウだ 明日の行動食にα米でおにぎりを作る 宿は前面が大きなガラス窓 夜は山姥が覗きそう
5/2 5時出発 平治の宿では、この春今西錦司80才記念登山で植樹の桜があった 今夜は縦走路ビバーク予定なので、谷へ降り水を確保する しかし村人の生活道が入り乱れ、ミスして上葛川に降りてしまった 民宿があったが ダニを外で落としてからでないと入れてくれない ダニは20匹は付いていた この上葛川は今から60年前PWで来ている 当時宿は無く、ヤマケイの案内書に「某農家に頼めば泊めてもらえる」とあったので、お願いして無事泊めてもらえた でも学士さんだからと代金を取ってくれない 信じられないような日本があったのだ
5/3 満月の明かりを頼りに4時村を出て奥駆道に戻る 3時間歩いて玉置山に着いた 神社は祭りで白装束の村人が多く居た これよりさらに生活道が多くなりルート探しに時間がかかるので、山在峠から熊野川へ降りた 熊野川を渡渉して十津川街道を熊野まで歩く 熊野本宮に16時着 5/5に結婚式参列があるので新宮へバスで出る 連休で新宮は宿が全く取れない 仕方ないので小学校の校庭にツエルトを張ろうとしていたら、ポリさんに怒られる でも警察パワーで宿を見つけてくれた
5/4 バスで前鬼へ行き車回収 犬山16:30着 今回山で出会ったのは一人だけ
①太古の辻 奥駆け道と前鬼の三叉路
②上葛川の村 20年経っても変らず
③熊野本宮大社 ホホがやつれる
*①ここではコノハズクの事 仏・法・僧と鳴く ブッポウソウは全く別の鳥で昭和13年に判明した
*②猟師等がルートの目印の為、立木の木肌をナタで30cmほど削ったもの 位置は地上1.5mぐらいだが木が成長すれば高くなる 現在でも時々昔の鉈目が残っている

 
 

現役の様子(8/3~)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 8月 3日(土)08時19分34秒
  中西監督の週報を転載します。

中西です。部員の定期テストも一段落したようです。
それでは今週末の予定です。

歩荷訓練(8/3  比叡山)
来週に行われる白馬での合宿に向けて参加メンバーが比叡山で歩荷訓練を行います。
本日も猛暑なので午前中に終わらせるように指示は出しています。

今週末は以上です。
なお、来週から夏休みに入ります。平日での活動も増えるので、8月の予定として来週に送ります。

(下記の現役HPに部員紹介最新版が載っています)


https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

一圓屋敷テレビ放送

 投稿者:No.230 黒川 勝  投稿日:2019年 7月29日(月)22時31分17秒
  先日滋賀県彦根市の多賀町にできた一圓屋敷の事について投稿しましたが、そのときに取材に来ていたびわ湖放送テレビの動画が本日YoutubeにUPされ、そのときの様子を見られるようになりました。
一圓屋敷の代表を務めるDWV227桂さんの話や宿泊した同期会の面々の姿も動画として見ることができます。びわ湖放送テレビの滋賀経済NOWの中のYoutube,7月20日掲載分のところを見て頂ければ判ると思います。
これからも同期会などで一圓屋敷を利用されることを願っています。
 

現役の様子(7/27~28)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 7月28日(日)05時56分14秒
  中西監督の週報を転載します。

 中西です。現役は試験期間真っ只中。学業ファーストで活動をしていますが、目処がついた部員は自主トレなど個々に活動はしています。

それでは今週末の予定です。

沢登り(7/28  比良山系  八池谷)
コーチの上田と奥田が現役の学生を連れて行きます。先々週、先週と雨の影響で沢が中止になりましたが、今回も台風の影響で中止になるかもしれません。
無理はしませんが、現役はとても楽しみにしているので、開催できることを願っています

https://dwv1957.wixsite.com/home/blog

 

鴨の巣

 投稿者:NO51 リク  投稿日:2019年 7月17日(水)10時30分1秒
  毎朝犬の散歩を1時間ほど同じコースでやっている 7月初めのある朝 犬が突然道の反対側へ引っ張った 匂いをかいでなにか探している リードを引っ張っても動かない 私も探すがまだ朝5時過ぎで小雨で薄暗くよくわからない でもよく近寄ってみると何かいた さらに注視したら鳥の様だ 全く動かない 取り敢えず犬を引き離す 寝ているのか死んでいるのかも判らない 明日見て位置が変わるか確認することにした
翌朝 やはり同じ位置にいた 頭の向きが変わっている 生きているのだ 位置を変えないという事は巣なのだ 鳥はメスのマガモだ 昼間は車や自転車がよく通る順市街地道路 しかも道端から田んぼまで80cmくらいの狭い急なのり面に、まさか鴨の巣があるとは驚きだ
その後も観察したが 犬・私が近寄っても逃げないで微動だにしない これは抱卵している巣と判断した しかしどうしてこんな場所を選んだのだろう イタチが近くにいた時もあったし、カラスも多く市街と50mぐらいだ 百姓さんがのり面の草刈りをするので、お願いの注意書を立てようと準備している
画像はいつもより遅く6時過ぎに撮影した
①準市街地道路 犬の覗き込む先が巣
②のり面と水田
③枯草と羽毛の巣 カメラは1m以下に接近 
 

令和元年総会&創立コンパ③

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 7月14日(日)17時21分3秒
編集済
   DWVの活動は、山や雪や沢のほかに自転車、ラフティング、岩など、これまでの範疇を越えてかなり多様化しています。
監督だけではフォローできない所を若手のコーチ陣に加わってもらって、さらにコーチ補助としてアドバイザーも設けました。


④1回生の6名

⑤コーチは左端691貴志君、左から4番目716上田君、5番目714奥田君、
 アドバイザーとして、左から2番目727野間さん、3番目725三宅君

⑥756野見君のリードによるエール

http://ikoma.yamanoha.com/index.html

 

令和元年総会&創立コンパ②

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 7月14日(日)17時04分3秒
編集済
   62周年創立コンパは、3回生の751植田主務の司会で開催されました。

現役は、学年別・男女別に、4回生が男子2名、3回生が男子5名女子2名計7名、2回生が男子5名、うち3回生が2名います。1回生が男子4名女子2名計6名、全体では、男子16名・女子4名・計20名となっております。

 創立コンパには、現役の3名が立山芦峅寺の国立登山研修所で山岳医によるファーストエイド講習会を受講し、もう一人2回生がゼミ合宿のために欠席となりました。

 この夏は北海道での山と自転車の合宿を行ないます。自転車班は後期にニュージーランド合宿を企画しており、資金調達のために協賛企業を探しているので何とか力になってやって下さい。

 恒例のエールとフレンドシップサークルは756野見君のリードで行なわれ15時前にお開きとなりました。

①4回生の2名
②リーダー会3回生の6名(1名はファーストエイド講習会)
③2回生の2名(2名はファーストエイド講習会、1名ゼミ合宿で欠席)


 

http://ikoma.yamanoha.com/index.html

 

令和元年総会&創立コンパ①

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 7月14日(日)16時54分0秒
編集済
   7月7日(日)梅雨の合間を縫って、令和元年のOGOB総会ならびに62周年創立コンパが京都タワーホテルにて開かれました。
 今年は、稲岡先生を始めOB・OGの方々48名にお集まり頂き、現役生は新入部員6名を含む16名が出席して、総勢65名の創立コンパとなりました。

 11時から開催されたOGOB総会は、OGOB総数431名のうち、出席者48名、委任状を返信いただいた欠席者179名と合わせて227名(52.7%)となり総会成立要件、定足数の1/4を満たしております。

 まず、3月にお亡くなりになった168三須純一氏のほか物故のOGOB40名と、部長・名誉顧問4名の方々に黙祷を捧げた後、報告事項、承認事項について議案通り会議され全てご承認頂きました。

 会計報告では、単年度での出超傾向は相変わらず、一方で①同志社創立150周年(2025年)に向けたALL DOSHISHA募金②同志社スポーツユニオンメンバーズシップ名簿③同志社スポーツの歩み第3刊発刊と、何れも金の掛かる要請が山押ししているので、OGOB会会計の悩みは尽きません。

 役員会メンバーの一部と、コーチ陣の大部分には変更がありました。後で写真に紹介する若いOGOBをコーチ、アドバイザーに迎えています。

 東京支部長の阪口さん、東海支部の新支部長に就任した315野田さんからは、各支部の活動報告と共に、苦労しながら進行中のラリーの様子が披露されました。
 ラリーは概ね4分の3を踏破し、来年の総会と創立コンパはラリー完走を祝って、富士宮市で開催する予定で企画の検討を始めています。


 総会の詳しい内容について、8月月初には皆さん宛に報告書が郵送される予定です。


 総会を終えて創立コンパの前に、部長先生と現役生を迎え入れて、615福山智之君に日本アルプス縦断レース(TJAR2018)の体験談を語ってもらいました。彼はTJAR2018の時の服装と装備を付けて来てくれました。
 2012年から3回挑戦して完走2回の記録は、偶然にも7日21時間53分で全く一緒です。次回以降のTJARには福山君はスタッフとして関わるつもりなので、後に続くOGOBが現れるのを楽しみに待っています。

 福山君は、フォトロゲイニングの企画運営もやっていて、生駒市職員として地元だけでなく他地区のフォトロゲの監修も行なっていて、簡単に紹介がありました。
2016年5月には役員4人で枚方フォトロゲに参加した事もあります。(掲示板25P)


写真は、TJARの体験談を語る福山君。







http://ikoma.yamanoha.com/index.html

 

現役の様子(7/13~15)

 投稿者:301佐々木  投稿日:2019年 7月14日(日)06時28分50秒
  中西監督の週報を転載します。

・安全登山サテライトセミナー(7/14  大津市民会館)

 日本スポーツ振興センター主催で、登山研修所が窓口になっているセミナーです。
13、14日の2日間開催ですが、2回生の野見が14日のみ参加します。
リスクマネジメントの方法などしっかり学んできます。詳細は以下のURL参照。

https://www.jpnsport.go.jp/tozanken/Portals/0/images/contents/syusai/2019/satellite/satellitesiga2019yoko.pdf




<その他>

 14日は大西幹事長とともに現役生が沢に行く予定でしたが、雨が予想されるため中止になりました。
代わりに天候が回復して、条件が良ければ15日に金剛山か大峰山の簡単な沢に連れて行ってくださります。

https://twitter.com/doshishawangel

 

一圓屋敷①

 投稿者:No.230 黒川 勝  投稿日:2019年 7月14日(日)01時01分20秒
  すみません。写真を間違えました。①に載せるべき写真はこちらです。  

一圓屋敷①

 投稿者:No.230 黒川 勝  投稿日:2019年 7月14日(日)00時57分15秒
  滋賀県彦根の多賀町在住のDWV227桂さんが代表を務める一圓屋敷がopenするというので、S46年卒の同期会をそこでやることになりました。集まったのは秋山さん、尾崎さん、藤原君、黒岩君、山田君、井手君、阪田くん、黒川の8名です。幕末期に建てられた庄屋屋敷が今年6月、宿泊施設として生まれ変わりました。地元の経営者、建築家、滋賀大学関係者などの力で国からも交付金を得て登録有形文化財の維持・保管の為に地域の有志が起業し、桂さんを代表に据え一圓屋敷を後生に残したいという地元の思いが込められた多賀さとの宿の取組。宿泊客に提供する料理は、地元のお母さん達が地元の食材を使って作っています。
この日はびわ湖放送のスタッフが桂さんや我々の宿泊客としてのやりとりの風景を撮影していきました。古民家だけどお風呂は2箇所あるしベッドルームもあり落ち着いて過ごすことができます。一圓屋敷とは滋賀県多賀町一圓という住所のことで1円で泊まれるわけではありません。大変落ち着いていて田舎の雰囲気が満喫できますのでOBの皆様も是非寄ってみてはどうでしょうか。明日は自転車でいろいろなところの散策ができるポタリングに参加しようと思います。
 

一圓屋敷②ポタリング

 投稿者:No.230 黒川 勝  投稿日:2019年 7月14日(日)00時18分4秒
  2日目は電動自転車4台とイタリア製のビアンキなどギア付きの自転車2台で、2人のインストラクターと共にポタリング(軽いサイクリング)に出かけました。車の往来も少なく快適でした。途中川原に下りておやつとコーヒーをいただきました。終点で風緑というそば屋で昼食、かき氷もいただきました。帰りはペダルを殆ど漕がなくても楽に走れます。お土産に桂農園の美味しいメロンを購入し帰って行きました。  

レンタル掲示板
/87