teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


犬上川金屋、芹川ポイント

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月 4日(金)10時03分35秒
  rai様:
 芹川新幹線カミポイントは左岸側堤防道を上流へ走り新幹線の下をくぐった先、地図中赤丸で示す位置にキャパ3台分程度の駐車スペースがあります。河原への降り口は駐車スペース奥の車止めのところ(草に埋まってほとんど見えませんが)から、この藪を15mほど漕ぎます。必ず長袖・長ズボンで行ってください、葦で切られて血まみれになりますよ(^^;。右岸側のほうが河原が広いですが、少しカミに行くと平水なら長靴で渡れるチャラ瀬があります。

西川ニッカ様:
 犬上川の金屋は、頭首工すぐシモの金屋橋右岸側下手の黄色で示すゾーンに駐車できます。広いので駐車に困ることはないでしょう。河原へは勇気と体力があれば土手を強行突破してもいいですが、安全に行くなら赤で示す経路の通り、橋のたもとから一段下の小路に降り、下手に歩いていくと河原に降りる踏み付け道があります。下手側にも何箇所か降りられる場所があります。左岸側はしばらく行ってないんですが、金屋橋下手に河原に下りるハシゴがあったと記憶しています。

 芹川のJR堰堤~中芹橋のポイントは右岸側赤丸の部分にキャパ5台程度の駐車スペースがあり、そのすぐ前に土手を下りる踏み付け道があります。ここは芹川では希少な無料の駐車スペースなので競争率高いです。釣れてる時は夜明けには大抵満車です(^^;。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 
 

西川ニッカさん、おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月 4日(金)08時45分52秒
  私は湖南専門で、残念ながら西川ニッカさんの質問にお答えできないです。スミマセン。

この掲示板に来られている方でご存知の方は、おそれいりますがアドバイスをいただきますよう宜しくお願いします。

http://ushisan-web.com/

 

犬上川金屋と芹川JR 付近の降り方

 投稿者:西川ニッカ  投稿日:2017年 8月 4日(金)01時32分26秒
  初めて投稿致します。西川ニッカと申します。
コアユ釣りが好きで岬さんやウシさん、ゲンエイさんのブログなどをいつも興味深く参考にさせて頂き釣行しています。
さて私、芹川は河口近くや芹橋交差点の手前、犬上川なら赤い橋の下手のカーブや名神高速の少し下手でしか釣行したことがありません。芹川のJR 付近や犬上川の金屋に行きたいと車で付近に先日も行ったのですが、金屋はどこに駐車してどこから草むらを回避して降りたらいいのか分からず、芹川も適当な駐車の場所が分からず、いつも諦めて結局いつも決まった場所でしかコアユ釣りをしたことがありません。もし可能であれば新しい釣り場として金屋と芹川JR 付近を開拓致したく、降り方や駐車について御指南頂ければ助かります。この土曜に行こうかなと思ってます。今のところ北川釣具店と馬場釣具店に電話したらまだ宇曽川で釣れてると言うのでこの土曜は宇曽川ふーせんダムかなー、と思ってます。下手くそ釣り師ですが経験豊富な先輩方から御指南頂けますと幸甚です。
 

昔の宇治川

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月 3日(木)16時44分30秒
  私はハエ狙いで釣りをしたことはないのですが、ハエの数釣りもやればおもしろいでしょうねぇ。
今ほど湖南のコアユ釣りに慣れていなかった頃、コアユシーズンの前に釣り場の偵察にときどき宇治川を訪れることがあったのですが、過去の記録を見てみると、2004年1月3日にハエ釣りをされているところを写真に撮っていました。まだこの頃は宇治川でそこそこハエが釣れていたのでしょうねぇ。多くのハエ狙いの釣り人が宇治川縁、川に立ちこんでと釣りをされていました。
http://ushisan-web.com/2004fishing/2004-0103tsuriteisatsu.html

raiさんはフライでハエ釣りをされるとのこと、眩影さんからいただいた情報で次は芹川で挑戦されるようですねぇ。健闘を祈ります。
もし差し支えなければ、そのときの状況を教えていただければ嬉しいです。

添付の写真は、2004年1月3日に宇治川でハエ釣りをされている様子を撮った写真です。

http://ushisan-web.com/

 

芹川

 投稿者:rai  投稿日:2017年 8月 3日(木)01時23分43秒
  >眩影様
ハエ情報ありがとうございます!
ものすごいキレイな川ですね。藪漕ぎ必須とのことですが豊かな葦原があるからこそ水を浄化し、人の手から守ってくれてるのかもですね。
虎穴に入らずんば…ということで次の休みにでもアタックしてみようと思います。
 

琵琶湖河川のハエ

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月 3日(木)00時40分39秒
  rai様:
そうなんですよねぇ、琵琶湖河川の場合殆ど本湖に落ちてしまうようで、寒バエの実績があるのは水深があって流れがトロい、近江八幡の長命寺川や大同川ぐらいですね(^^;。

私のブログに犬上川の金屋と芹川の新幹線カミに釣行した記事がありますが、この芹川上流って実に水もキレイで立派なハエがいます。川原も広いので、フライで遊ぶのに良さげですよ、私は鮎バケという和製ミッジラーバでやりましたが、ハエはなんぼでも釣れました。道路からすっげぇ葦のボサこいで降りないといけないのが少々難ですが(^^;。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

寒バエ

 投稿者:rai  投稿日:2017年 8月 2日(水)23時50分58秒
  冬場は下流やその途中にある深場に落ちるらしいので琵琶湖流入河川のハエ達は本湖や漁港なんかにいるんでしょうね。
冬にフライで狙うのは難しそうですが型も味も良い時期なので今年は上桂川で挑戦してみようと思います。

そういえば先日初めてハエ狙いで旭化成裏に行ってみました。コアユ釣りの人に鍛えられているせいかフライには思ったほど反応してくれませんでしたが、25cmほどのハスが釣れました。
ハエ用の♯1フライロッドで掛けるとかなりスリリングなやりとりが楽しめますね。ハマってしまいそうです。
 

ハエ釣り

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月 2日(水)22時41分18秒
  真野川も実に立派なハエが釣れますが、これが不思議と寒バエの時期になると姿を消すんですよねぇ…(^^;。知内川など湖北の河川にも立派なハエやウグイがいますけど、寒の時期に釣れるなら一度狙ってみたいものです。

今や、関西で寒バエの名ポイントというと上桂川になってしまった感がありますね、あそこは外来種が少ないです。そういえば上桂川はカワウ対策も積極的にやってますね。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

raiさん、こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時29分5秒
  ハエに寄生するナマズ腹口吸虫というのが悪さをしているんですか。。。
外来のカワヒバリガイが第一中間宿主となっているとなるのならどうしようもないですねぇ。

宇治川のハエは、大きいので有名だったのですが、今は型の良いのが釣れないようですね。
16~18cmあるのが釣れたようで、全国のハエ釣り師から宇治川はあこがれの釣り場だったとか・・・
本当に元に戻ってほしいところですね。

http://ushisan-web.com/

 

宇治川のハエ

 投稿者:rai  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時09分5秒
  激減したのはカワウによる食害も大きいと思いますが、外来のカワヒバリガイが第一中間宿主となるナマズ腹口吸虫の影響が大きいそうです。
カワヒバリガイ→鯉科魚類→ビワコオオナマズと寄生していき、寄生されたハエは体が薄いモヤのようなものに包まれ弱ってしまうのだとか。
最近ハエ釣りを覚えたところですが巨バエで全国的に有名だったという宇治川が元に戻ってくれることを祈るばかりです。
 

眩影さん、こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月 2日(水)20時36分4秒
  そうですね。カワウの食害もありましたねぇ。湖南でもコアユがたくさん釣れている時期は釣りをしている近くをカワウが何回も潜っているところを見ます。中には子バスを咥えて上がってくるカワウもいました。同じ1匹の魚を食べるにしても、湖南の場合だとコアユより子バスの方が大きいですから、腹持ちが良いからでしょうかねぇ。

琵琶湖ではないですが、宇治川もカワウがたくさん来てます。ハエもやられているのかどうか、地元の釣り人がハエは釣れなくなったとよく言ってました。私もホームページを開設した頃からコアユだけでなく、スゴモロコ釣りを始めて、宇治川だったらほぼどこへ行っても簡単に釣れたのですが、何年か前くらいからスゴモロコもあまり釣れなくなってきました。
ハエもスゴモロコもかなり減ったのだと思いますが、これもカワウの食害もあるのでしょうか?
宇治川縁は整備されてきましたから、魚たちにとっては住みにくくなったのかもしれませんから、カワウより環境の影響の方が大きいのかもしれませんが・・・

http://ushisan-web.com/

 

琵琶湖の鮎

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月 2日(水)18時07分5秒
  ushisan様:
琵琶湖の鮎漁獲高は昭和末期から平成初期にかけて2000トンに迫りましたが、現在はその1/3程度です。

原因は異常気象、カワウの食害、需要低迷が挙げられていますが、このうちカワウの害については防御策があるのですから、もっと積極的にやって欲しいですね、特に今年は…。安曇川は保護水面の上空にテグスが設置されていますが、知内川はヤナ外したら何もしないので9月の人影が消えたヤナ跡に行くと物凄い数のカラス、カワウ、サギ類が抱卵した鮎を食い荒らしています。漁協のマンパワーに限界があるのなら、県が助けてでも食害防止策を取るべきだと思いますねぇ。

http://www.pref.shiga.lg.jp/g/suisan/biwakogyogyouwosasaerusakanatachi/ayu.html

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月 2日(水)10時25分46秒
  琵琶湖のコアユは毎年釣れてはいるのですが、少しずつ釣れなくなってきているのは事実だと思っています。
私が初めてコアユ釣りに出会った頃から思えば、今の状況はホント悪いと思います。
琵琶湖やその河川も含めて環境が変わってきていることもあるし、外来魚の繁殖もあるし、温暖化の影響もあるのではと思っています。
いずれにしても元を探ればやっぱり人間の影響力がいちばん多いのだと思いますねぇ。

http://ushisan-web.com/

 

こんばんは

 投稿者:子鮎3年生  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時34分11秒
  ushisanさま、皆様、こんばんは
いつも楽しく掲示板見させていただいてます。

ここなんどか、野洲川に出動しました。ずっと「ボ」です(ToT)

思うのですが、工事が入ってからテトラ下からの流れ、かなり早くなっていませんか?
本流の場所も少し変化したように思います。

去年は日の出とともに魚が跳ねていたのに今年はほとんど見られないような。

堰堤直下には行くこともできず(*_*)
以前のような中州がある野洲川のほうが良かったように僕は思ってしまいます。
工事後の堰堤前の風景が人為的で、やっぱり魚たち、アユたちにも色々と影響しているように思えて、釣り人としては残念です。
腕がないのはもちろんですが、僕の頭にはどうしても工事の影響が浮かんできてしまいます。

また以前のような野洲川に戻っていってほしいです
 

琵琶湖の危機

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月 1日(火)14時29分35秒
  ushisan様:

 湖南の小規模な河川でも、産卵床があれば鮎は産卵に来るでしょうから、人間の伺い知らない所で産んでるんでしょうねぇ…。例えば、先日の産卵調査のリストに上がっている和邇川は、見た目用水路のような小さな河川ですが知内川や姉川、安曇川などと並んで重要な鮎の産卵場として保護水面に指定されており、鮎の禁漁期間(9/1~10/20)を超えて11月末日まで一切の水生生物の採補が禁止されてますからね。

 瀬田川は琵琶湖で唯一の「流出河川」ですから、そこにいる鮎は「川じゃなくて琵琶湖の一部だと思っている」はずですね、鮎は「流入河川」にしか上りませんし…。洗堰の先で瀬田川と合流する大戸川には湖産鮎は全く遡上しないことや、洗堰が大規模に放流して瀬田川が流れ出すと湖南の鮎が一斉に消えることから考えて、瀬田川が川だと気づくと上流=琵琶湖へ上ってしまうのでしょうね(^^;。

 例年、毎月更新されていた県水産試験場の魚群調査結果が今年は発表されていなかったのですが、7/20に初めて公開されました。私ら釣り人は「遅れたの何のって言ってたけど今年も釣れたがな、良かった良かった」なんて呑気な事を言ってましたが危機的状態は続いているようです。

http://www.pref.shiga.lg.jp/g/suisan-s/files/gyotan1707-1.pdf

 鮎の魚群数は不漁が問題になっていた春先は平年比わずか数%、6月を過ぎて湖岸や河川でそこそこ釣れるようになった後も沖合いの水深30mラインでの魚群数は平年の2割、昨年のわずか1/20と悲惨な状況のようです。ここ10年で最悪です。

 昨年の産卵数は平年比2倍もありましたから、原因は分かっていないようですが鮎は「どこかに隠れていた」のではなく「稚魚のうちに死滅していた」ことになります。県ではこういう時のために安曇川と姉川に設置されている人工産卵床に種苗鮎を大規模放流して産卵数を確保するようです。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 7月31日(月)09時39分15秒
  今日は7月31日。明日から8月ですねぇ。
小鮎釣りも一部を除き、いよいよ来月で釣り禁止ですね。
野洲川はもう終了したようですが、その他の川はまだ行けそうですかねぇ。
残り一ヵ月、残りの小鮎シーズンを楽しんでください。
私もみなさんの書き込みを見て、行ったつもりで楽しみたいと思います。

http://ushisan-web.com/

 

昨日の知内川

 投稿者:Monotone  投稿日:2017年 7月30日(日)22時24分3秒
  皆さんこんばんは、いつも貴重な情報をありがとうございます。
投稿が1日遅れましたが昨日の知内川の釣果を報告します。
OCさんの投稿を見て少し不安でしたが、今シーズンはもう小鮎釣りに行けそうになく、娘も小鮎を釣ってみたいということで先週好調だった知内川に行きました。
先週鮎吉さん達と入ったポイントには午前5時半には先客がおられ、少し上流の浅瀬に入りました。
さすがに先週よりペースが落ち、途中ランドリーバッグのビクが傾き数十匹を放流(T_T)  それでも昼までで娘と二人で200匹はキープ出来ました。
朝方少し小雨が降りましたが、その後は晴れて気温が上昇し周りの人は「今日はアカン」と10時頃にはほとんどの方が帰られました。
そこで、皆さんに教えて頂きたいのですが、市販の仕掛けを使う際、下ラセン下錘で浅瀬で止め釣りする時は(錘よりウキが下流)上下逆さに繋いだ方が良いのでしょうか?
標準の繋ぎ方で良いのでしょうか?
皆さんどうされてますか?
昨日帰宅後、もしや上下逆に繋いだ方がエダスが開き針の向きも掛かりやすいのかな?と思い質問させて頂きました。
 

スナック野洲川

 投稿者:栗東の自由人  投稿日:2017年 7月30日(日)22時15分22秒
  みなさん、こんばんは。

約3週間ぶりに野洲川を覗いてきました。
昼頃に家族で遊びにきましたが、釣り師は5名程度。。
スナック野洲川の客の少なさにビックリです。。
釣りをされてる方も、ほんとにたまに釣る程度。
しかもアユかどうかも遠くからでは判断できませんでした・・・

で、私も子供と30分程度テトラ直下でやってみました。
釣れませんね~
滋賀のTさんが書かれてた通り、閉店のようです。。

って事で私の2017コアユ釣りは本日をもって終了!
今年も野洲川には大変お世話になりました!
特に滋賀のTさん、Kさんなどたくさんの方と知り合いになれてよかったです。

さー、来年の4月まで情報集めをたくさんせねば。

改めて、ushisanさんのこの掲示板には感謝です。
来年もよろしくお願いします。
 

知内川は濁流

 投稿者:まどか  投稿日:2017年 7月30日(日)19時49分43秒
  ushisanさん、皆さん、こんばんは。

天気予報では、滋賀県北部は雨。
まあ、何とかなるか?
と知内川へ五時過ぎに到着、いつものメタセコイア並木の対岸にて
釣り始めたら、土砂降りの雨、おまけに雷。さすがに橋の下で待機。
六時過ぎに雨は小降りに、遠雷になったから開始。
15センチくらいの鮎が10匹釣れたぐらいから、水位が上昇、おまけに濁流に
諦めて、納竿。

帰りに鴨川を偵察。ここは水が少なく釣れそうにないので、
真野川に。-39センチ下流には釣り師はおられません。
九時過ぎから開始。時速20匹ぐらい。
塩焼きサイズも20匹釣れましたし。暑いから11時に納竿。

鴨川に偵察に来られた方と少し喋ってましたら、
昨年も知内川で釣れなくて、鴨川も駄目で、誰も居ない志賀浜で7月末
入れ食いだった事があったみたいです。
 

眩影さん、こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 7月30日(日)17時49分0秒
  湖南のコアユはどこから来るのかという話ですが、これも地元の常連さんとの間で良く話題なるのですが、近江大橋を境にして、「北と南とでは何か違うね」と言う感じの話です。
「もしかしたら南から来ているのもいるのかなぁ」という話も出ています。というのは、オーク前で釣れるようになった後、その釣れるポイントが少しずつ南へ移動して行くという釣り人もいます。私は竿を出したことがないのですが、結構遅くに釣れているのは京滋バイパスの近辺と聞きます。石山寺の観光船の停泊場所の近くで竿を出しておられるのを見たこともあります。

いつだったか忘れましたが、ずっと以前に湖南のコアユシーズン終了後に、南郷洗堰のすぐ上流の川べりにコアユがキラキラしているところを見たことがあります。

確かに瀬田川に流れ込んでいる小規模な川はいくつかありますが、かなり小さな川ですからねぇ。コアユが釣れなくなったら(6月頃)それらの川の上流部で上ってくるコアユを釣ると言っておられた地元の釣り人もおられました。

湖南のコアユ全てではないとは思いますが、湖南の小さな川に上って産卵するのもいるのかもですね。

http://ushisan-web.com/

 

レンタル掲示板
/206