teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


知内川情報

 投稿者:sihopapa  投稿日:2017年 8月26日(土)23時46分38秒
  ushisanさん、よしぼんさん、皆さんこんばんは。

ご無沙汰しています。
本日8月26日に知内川に行ってきました。
現地着、午前10時過ぎ。釣り人はいますが、少し少ない様子。
明日8月27日が最終日曜日となり、釣り人がたくさん押し寄せてくると思われます。
川の状況は、明け方の雨でちょっと増水気味、笹濁り程度でした。
次々に琵琶湖から遡上してきているのか、追星のくっきりした深緑の小鮎は少なめでした。6、7cmが半分くらいいました。
まだまだ活性は高く、31日で禁漁になるのが惜しいくらいです。
5時間ほど竿を出し、大小合わせて300匹くらいでした。
いよいよ最終を迎えたようです。

みなさん、最後の日は、川に散乱したゴミを回収して帰りましょう。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/sawayaka/

 
 

夕まづめの知内川

 投稿者:Monotone  投稿日:2017年 8月26日(土)22時24分29秒
編集済
  ushisann様、皆さんこんばんは。
今日滋賀に用事があったので(とはいえ瀬田ですが…(笑))
思いきって知内川に行って来ました。
現地到着が午後5時と、1時間と少ししか竿を出せませんでした。
川の様子は前回から大きくかわり、寺久保橋下流で釣りましたが川岸が結構削られこの前岸だったとこが中洲状態でした。
はじめは鮎のアタリは遠く、ハエやモツゴばかりでしたが、あるポイントに流すと鮎が釣れ出しました。
どうやら鮎が集まるポイントがあるようてす。
ようやく入れ食いポイントを見つけたと思っていると日没終了となりました。
仕掛けは自作底ズルズルラセン、2.5号ビーズ付き5本針。エサはいつものツナ缶(ノンオイル)パン粉イリコだしで、1時間15分程度で42匹、サイズは10cm以上がほとんどで今日一は15cmでした。
 

こんばんは

 投稿者:老々釣り人  投稿日:2017年 8月26日(土)19時55分0秒
  ushisann
再度詳しいご説明ありがとうございます。あれから家内と話して天気次第ですが石田川に思っています、、知内川は来年挑戦したいとおもいます。

西川ニッカ様
私は亀岡に住んでおりまして昨年から家内と二人で小鮎つりを楽しんでいます。
このたびは写真までつけて教えて頂き有難うございます。大変参考になりました。
今年は石田川に行く予定ですがこれで鮎は終わりです。来年知内川に挑戦したいと思います。
これからも宜しくお願いいたします。
 

こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月26日(土)18時15分44秒
  西川ニッカさん
ご存知かもしれませんが、私が自作しているのはコアユ釣りのサビキ仕掛けです。「コアユスペシャル」という名前を付けています。以下に関連リンクを貼っておきますので、良かったらご覧ください。
http://ushisan-web.com/koda-jisaku.html
http://ushisan-web.com/zakkichyo/2012/0807special.html


よしぼんさん
今夜あたり、今日釣行された方がこの掲示板に情報を書き込まれるかもしれません。

http://ushisan-web.com/

 

知内川はどうですかね?

 投稿者:よしぼん  投稿日:2017年 8月26日(土)15時00分0秒
  禁漁前にもう一度   知内川に小鮎釣りに
明日行きたいのですが 前日大雨だったみたいで
状況わかりますかー?
よろしくお願いします
 

諸件御礼

 投稿者:西川ニッカ  投稿日:2017年 8月26日(土)10時52分30秒
  眩影さん;
色々ご教示ありがとうございます。さっそく100均でラジオペンチ、ニッパー、丸ペンチを買っちゃいました。0.55mmの10mのステンレス針金(24番ワイヤ)がダイ○ーでなかったので、どこかで買おうかと思います。
どこかの釣具屋でブレット錘と円錐発砲材を探そうかな。簡単に触発されて、すぐ買ってしまう、浅はかなヤツですが、自作ラセンオモリを来年に向けて作る気満々です。根ガカリロストが1回というのは、とても
魅力であります!師匠!巨匠!って感じです。

Ushisan:
ご紹介ありがとうございました。ウシさんも自作とかされるのですか?私は超ずぼら人間ゆえに仕掛けを作るということには無頓着でしたが、この掲示板で触発されまくりました。作って釣れる喜びを加速させた
い、、、なんて思いました。なんちゃってですが、コアユ8連仕掛けを切って4連と3連仕掛けを自作?して、手返しよくコアユ釣ったり、船用のメバルサビキ仕掛け6連を、3つの2連にして、ナスオモリつけて、常夜灯
の波止場から小メバルを釣ったり、軽い自作はやったことあるのですが、眩影さんみたいにプロ級の方が写真付き説明を公開してたら、ぼくも作りたくなって来ました。まあ今作っても、来年のコアユ釣りまでお預けに
なるのですが(笑)。

老々釣り人さん:
はじめまして!高槻在住の西川ニッカと申します。このブログは私もコアユフリークとしていつも参照させて頂いてました。ブログに参戦しだしたのはこの8月からで、とても楽しんでおります。複数コアユやアジが
かかった時の対処ですが、弊員もよく足や股にはさんでたのですが、最近わたしが運営する近所の何チャッテ釣りクラブの釣り友から、写真にあるような竿立てを紹介して貰い、今では大活用してます。この竿立ては
ダイワ製で1つ900円弱でした。クーラーボックスに穴を空けるのですが、8つの尖ったネジで簡単に取り付けられます。この竿立てに竿を立てて、仕掛けが垂直になるようにし、魚を上から外して行きます。両手が
開くので、魚を外したら片手で糸の下を持ち、他の魚が暴れても糸が激しく揺れないようにできます。このクーラーボックス後付け竿立ては、竿を立てれるので、竿を横に倒せない場所ではとても重宝しますし、
竿を横に置いて踏まないリスクを回避できます。沢山の人がやっているかもしれませんが、弊員は齢47歳、釣り暦35年で漸くこの便利さに気づきました。良い友は有難いですね。ちなみに900円が釣具屋では一番
安かったですが、100均に良く売っている自転車据付の傘立てホルダーなんかも、同じような形なのでひょっとしたら同様に使えるのかもしれません。あれには先の尖ったネジは余り付いてないので、尖ったネジ
は別に買わんといけないかもしれませんが。若干ご参考まで。
 

こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月25日(金)21時37分56秒
  明日・明後日は土日で、小鮎釣りを予定されている方もおられると思います。土日で今季最後の小鮎釣りとされる方もおられるでしょうねぇ。みなさん目いっぱい楽しむことができますように・・・


raiさん
宇治川のハエもまだまだ釣れそうな感じですかねぇ。充分満足出来る釣果を得られて何よりでした。


老々釣り人さん
同じ説明の繰り返しになりますが、竿を置いた場合は、サビキのいちばん上に付いている小鮎近辺の幹糸をつかんで、ぶら下げた状態にして小鮎を外しては入れ物に入れて、その次の小鮎の近くの幹糸までつかむ位置を下げて次の小鮎を外すといった方法です。竿と一緒に幹糸をつかむ場合は、片手で竿と幹糸をつかんで(こちらはちょっとやりにくいですが)、小鮎を針から外したら後は次の小鮎の付いているところまでつかむ手をずらせて外します。
いずれの方法も、糸を弛ませることがありませんから、仕掛けをもつらせることはありません。小鮎が仕掛けに付いたまま地面に置いて仕掛けが弛んだらもつれやすいですから、もし針から外している途中に小鮎が外れて落ちてしまっても、後から拾うようにされる方が良いかもです。


眩影さん
何年か前まではかなり暑い中でも身体が耐えてくれたのですがねぇ。ここ数年で、特に2年ほど前に体調を崩してから熱中症になったこともあって用心の上に用心してます。
2年前よりは今年の方が体力は戻っている感じはあるのですが、ここ最近の夏の暑さは異常ですからねぇ。熱中症で倒れて身動きできなくなったら大変なので、結局用心してます。
歳は取りたくないものですね(;^_^A

http://ushisan-web.com/

 

こんにちは(^^)

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月25日(金)12時35分31秒
  ushisan様:
湖北の川はコンクリートジャングルの大津よりは涼しいですが、それでも晴れた日は9時ぐらいが限界ですね(^^;。

私は暑さ対策としてツバの広いパームハットに通気性の良い白の長袖パーカー、首に濡れタオルという服装で釣りますが、それでも晴天だと2リットルのペットボトル空きますからねぇ(^^;。

コアユの場合、現地で腹出ししないと鮮度が酷く落ちるので、暑い時にたくさん釣ってしまうとその作業がまた地獄ですしね(^^;。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

おはようございます

 投稿者:老々釣り人  投稿日:2017年 8月25日(金)09時37分26秒
  ushisan様
早速のご返事有難うございます。今までは竿を足で挟み前かがみで抱えるように両手で鮎と針を外していました。下で鮎がバタバタゆらるらで大変でした。月内にどこかで早速やってみます。
これからも色々と宜しくお願いします。
 

おはようございます

 投稿者:rai  投稿日:2017年 8月25日(金)07時11分29秒
  先日、初めて宇治川にハエ釣りに行ってきました(芹川にはまだ行けず、眩影さん折角教えて頂いたのにすいません…)。
4時頃到着するも強風でフライは投げられず。とりあえず岸際を流すと一投目でヒット。
これは楽勝かな?と思いましたが後が続かず。
夕方、ようやく風が収まりあちこちの浅瀬で餌をついばむハエの姿。
そこからは好調に釣れ続け、夕マズメだけで30匹ほど。天ヶ瀬ダムからの放水で鍛えられているのか、餌が豊富なのか、どの魚も体高があってよく引いてくれました。
釣れなくなったと言われる宇治川ですが充分満足出来る釣果でした。
 

こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月24日(木)21時25分26秒
  眩影さん
ご親切、ありがとうございます。
私の場合時間的な問題で遠くには行かないので、足を延ばしてもせいぜい志賀までですかねぇ。
朝の出発時間はいくら早くても7時半頃だし、帰りは遅くても17時には家に着きたいしなもので、釣りをしている時間とか考えるとどうしても湖南になってしまいます。
湖南が終わってからは今度は暑いのが難ですかねぇ。若い頃だったら暑いのもそれほど思わなかったのですが、歳をとるとだんだん暑さ寒さが堪えるようになってきます。


老々釣り人さん
サビキ仕掛けに複数のコアユが掛かって上がってきた場合、外すのに手間取りますねぇ。
私の場合、湖南で竿置きを使える場合は、竿置きに竿を置いて、サビキ仕掛けのいちばん上のコアユの近辺の糸をつかんで、上から順にコアユを外しながら糸をだんだん下に持ち替えながらコアユを一匹ずつ外すことが多いです。
竿置きがない場合は、片手で竿自体を真っすぐに立てた状態で、コアユの掛かっている近辺の糸と竿の両方をつかんで、反対側の手で上から順に一匹ずつコアユを外します。この場合も、糸と竿をつかんでいる位置をコアユが掛かっている位置にずらせながら外します。
竿を地面に置いての場合は、竿置きがある場合と同じ外し方となりますが、いずれにしても、サビキ仕掛けを弛ませないように注意が必要です。

http://ushisan-web.com/

 

こんにちは

 投稿者:老々釣り人  投稿日:2017年 8月24日(木)18時09分35秒
  70代老夫婦です。昨年知人から小鮎釣りを誘われ病みつきになり今年も大津港や北小松に行きました。いつも皆さんの投稿を楽しく読まさせていただいて大変参考にしています。
一つ教えていただきたいのですがサビキで5~6匹釣れた時針から外すのに手間取り糸が絡まり苦労しています。何か良い方法が有れば教えて頂ければ助かります。
 

こんにちは(^^)

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月24日(木)15時49分41秒
  西川ニッカさん:
私が一番よく使う「発泡棒ラセン」は根掛かり対策としては、私の手持ち技の中では最高です。今シーズン、このラセンの根掛かりロストはたった1回です、私は石だらけの瀬を中心に狙うにも関わらず、です(^^)。ちなみに、ロストした時は石じゃなくて沈んだ流木に絡んだので、石による根掛かりは無かったということです。
これは2つ折りにしたイシダイ釣り用の40番ワイヤを芯に使っていますので、ヘビのようにクネクネ曲がります。そのためオモリを底に着けた状態でも発泡棒の浮力で仕掛けとの連結部は石の上の方に持ち上がり、糸が石に絡むのを防いでくれるのです(^^)。

ushisan様:
川のコアユ釣りは、浜とは違ったテクニックと楽しみがあります、型も平均して湖南より大きいですし(^^)。ushisanさんは交通手段の問題で湖北方面にはおいでにならないようですが、知内川なんか一度行くと遠くても何度も通いたくなります(^^)。ご希望ならお連れしますよ~、今季はもう1週間しかありませんので鬼が笑う話になりますが…(^^;。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

西川ニッカさん、おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月24日(木)09時42分57秒
  私も眩影さんの書き込みでいろいろなことを学べました。この掲示板に眩影さんがいろんなアドバイスを書き込んでいただいているだけで本当に助かっていますし、書き込みがあった時にはブログの方にも訪問させていただいて、さらに詳細な情報を拝見させてもらっています。
私自身の湖南のコアユ情報+みなさんの書き込んで下さっている湖西・湖北・湖東のコアユ情報でこの掲示板が盛り上がり、私自身も掲示板の情報を楽しんで見ています。

みなさん、今後ともよろしくお願いいたします。

http://ushisan-web.com/

 

感謝感激雨アラレ!

 投稿者:西川ニッカ  投稿日:2017年 8月24日(木)01時25分52秒
  眩影さん、ushisan、ご教示ありがとうございます!
仕事終わって夜12時に帰宅し、寝ようと思ったが、返信のこの内容の面白さに思わず眠気も忘れてしまいました。ラセンオモリ仕掛けって奥深い!私はもうナスオモリしか使ったことないので、こんなクラフトが自作できるなら楽しいし、わくわくしますねー。まさに戦略・戦術の域です。これは。辰の釣りの方も凄い面白いブログですね。早速お気に入りに追加しました。

来年まで時間あるし、じっくり研究させて頂きます。100均とか安あがりな所も魅力ですね。
あとウキにびっくり。ド素人なので流れがあろうとなかろうと、大きなウキは良いもんだと思って中くらいのピンポンウキを常に使ってましたが、今の知内川のように流れが厳しいところで仕掛けを流したくない時は、小さいウキが良かったのですね!まったく逆をしてました。ウキが大きいと浮くので、小さいウキで流れで沈んでしまうと良くない、と思ってましたが、確かに大きいウキ、沈む沈む、流れる流れる。小さいウキで流されない工夫が必要だったと学びました。やっぱコアユ釣り、奥が深いぜ!

来年への楽しみが増えました。感謝感激雨アラレ!!
 

栗東ママさん、こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月23日(水)16時49分9秒
  和邇川は以前何回か見にいったことがありますが、栗東ママさんがお子さんと水遊びに行かれていたところは、公園のあるところですかねぇ。
小鮎釣りもやればやるほど奥が深くて楽しめる釣りです。次の日曜日は知内川でお子さんと目いっぱい楽しんできてください。

http://ushisan-web.com/

 

知内川

 投稿者:栗東ママ  投稿日:2017年 8月23日(水)14時33分12秒
  ocさん、ushisan、詳しくありがとうございます!
この7月に和邇川へ子どもと水遊びへ行った時、小鮎釣りされている方々を見て、
楽しそ~、やってみたい!となったのが小鮎釣りを始めるきっかけです。
以来、すっかりハマって(笑)、仕事がお休みの日は和邇川へしょっちゅう行ってました。
こちらの掲示板で色々情報収集させてもらっていましたが、シーズンも終わりに近づき、
次は違う場所もいってみたいな~、と子どもと話してて、今度は知内川へ行こう!とな
りました。
日曜日が楽しみです!








 

アドバイス、ありがとうございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 8月23日(水)12時57分24秒
  眩影さん、早速アドバイスをいただきましてありがとうございます。
いつも本当に助かります。

http://ushisan-web.com/

 

半ミャク釣り

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月23日(水)12時47分25秒
  補足です。小さいウキを使って流れにくくする「半ミャク釣り」のテクニックは、柚子の大馬鹿 辰の釣り日記の辰さんが詳しく解説されています。ご参考まで(^^)。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

オモリの話

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 8月23日(水)12時38分52秒
  私は留め釣りにはこういうオモリ一体型のラセンを自作して使っています。ナスオモリよりは根掛かりしにくいですが、石が大きいポイントでは時々根掛かりします。オモリの根掛かりは、糸が石に引っかかってオモリを石の隙間に誘い込んでしまうのが原因なので、オモリの背が高ければ根掛かりはしにくくなります。市販品ではホゴオモリという縦に長いオモリや、同じ原理のスナッグレスシンカーを使えば根掛かりが軽減できます。
もう1つの方法は、ウキを負荷0.5号ぐらいまで小さくして流れにくくする方法があります。流れが速いとウキは沈んでしまいますから、道糸を張ってウキを浮かせ、ウキを脈釣りの目印のように使うと良いです。この方法なら1.5号ぐらいの流し釣り用のオモリ(私は発泡棒を付けたオモリ一体型ラセンを使う)でジワジワ流れる感じになります(^^)。

https://blogs.yahoo.co.jp/gen_ei_fisherman

 

レンタル掲示板
/208