teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こんばんわ。

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 3月 5日(日)23時04分10秒
   投げ釣りだと時速40尾ぐらいが最高速ですね、めちゃくちゃ活性が高くて毎回10本針に鈴なりだったら別ですが…。投げ込んでウキが立ったところでペットボトルを取ってお茶を一口飲んだあたりでウキがポコポコ、ぐらいの感じなので結構忙しいです。

 上津ダムは足元の危ない場所が多いですね、舟橋周辺はお子さん連れではちょっと無理です。覚悟はしてましたが、今朝起きたら脚が筋肉痛でした…(;_;)。毎日ここへ通えば体幹が鍛えられて下半身シェイプアップ間違いなしです(笑)。舟橋を狙ったのは投げ釣りで実績が高いからですので、これから接岸してくるならもっと足場のいい堂前や南端の公園付近のポイントでも釣れるでしょう。

 今回、例の三色団子ウキ1本でやってましたが、浮力をほとんど殺して使うウキなので結構小さいワカサギのアタリも取れます。先に入ってらした方もほぼ同じ構造の自作ウキを使ってらっしゃいましたので、布目・上津では意外にメジャーなのかもしれないです。
 
 

こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 3月 5日(日)17時44分22秒
  湖西人3号さん
今年は本当にキビシイ情報がでていますねぇ。
情報は間違いだったくらいの感じで釣れてほしいところなのですが・・・


眩影さん
投げ釣りで時速35だと結構忙しいのでは???
ワカサギ釣りのシーズンオフもあと少しですね。後数回行かれるのでしょうか?

写真で見ると、釣り場は結構な斜面となっていますねぇ。うっかりしたら滑り落ちそう・・・
注意して釣りをされているとは思いますが、念には念の注意をして気を付けて釣りを楽しんでください。

http://ushisan-web.com

 

上津ダムのワカサギ、ラストスパート入りか

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 3月 5日(日)00時05分57秒
   今週末はやっと休みでしたので、上津ダムへ出撃してきました。午前9時~16時の7時間で250尾750gの釣果、1尾3.0gですから型は下降線ですが数は伸びます。手返しの悪い投げ釣りで時速35尾ですから、ほぼずっと投入してすぐアタリがある状態でした。上津ダムは3月に入ると調子が上向く場合が多いのですが、今年もラストスパートに入ったようです。まだ延べ竿ではポイントに届きませんが、2月に比べると近投・浅ダナでアタってくるようになりましたので、水温が上がれば延べ竿で釣れるほど接岸してくるかも。

 今日は仕事疲れで朝イチ入りできず、のんびり8時半に前回と同じ上津ダムの舟橋南西岸に到着、先客6名で土手部分は満員でしたのでコンクリ護岸側へ入りました。ここ、写真見ての通り滑り台並みの傾斜で脚がすっごく疲れるし荷物置き辛いしコケたらそのままドボンだしでニガテなんですが、仕方ありません(^^;。

 このポイントは舟橋に近いほど水深があるので、コンクリ護岸付近では沖でも水深は8ヒロぐらいです。ウキ下7ヒロで始めましたが、オモリが底に付いてウキが寝てしまう位置でアタリがあります。あれれ?前回と状況が違う…どんどんウキ下を浅くしていって、最終的には投点10m以内、ウキ下4~5ヒロ(6~7.5m)ぐらいで良くアタリがありました。鯉のぼり状態は少ないですが3連ぐらいは頻繁にあるので結構時速が上がりました。午後3時を過ぎると日陰になってしまい、風も出てきて寒くなってきたのでカウンタ読み2束半行ったところで納竿。

 ちなみに道具立てはサビキ竿3.6mにリール2000番、ラインはナイロン1号、遊動ウキ3号(自作連珠ウキ)に仕掛けは市販の金袖2号6本針、オモリ3号、餌はラビットワーム(白)でした。そうそう、前回のネコちゃんは今回もいました…他のおっちゃんを籠絡しておりました(>▽<)。悪い奴っちゃな~(笑)。
 

漁獲量

 投稿者:湖西人3号  投稿日:2017年 3月 4日(土)23時35分39秒
  ushisanさん、皆さんこんばんは
こんな記事を見つけました。
http://www.sankei.com/smp/west/news/170303/wst1703030020-s1.html
不漁とされた年の5分の1の漁獲量とのこと。今年は相当きびしいんですね。
 

whoさん、こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 3月 4日(土)21時31分57秒
  今年は遅れ気味なのかもしれないですねぇ。
改めて過去の釣り情報を確かめてみましたところ、これまでで一番遅れただろうと思われる事例は、2007年にありました。この年に初コアユを手にしたのは、何と! 4月14日でした。こんな年もあったのですねぇ。終わりは6月でしたから、遅く始まって通常とおり終わった(?)ことになりますね。
今年の初コアユはもう少し早かったですから、数はともかくとして、2007年のようなことはないかもしれませんね。少しでも長い期間楽しめますように(-人-;)

http://ushisan-web.com

 

来春

 投稿者:who  投稿日:2017年 3月 4日(土)21時14分37秒
  ushisanさん、こんばんは。
遅ればせながら今年初めてのごあいさつです。
こちらの掲示板の常連さんの顔ぶれもかなり変わりましたが、皆様あちこち積極的に釣行されていて参考になります。
なんだかんだでもう3月ですが、今年は気持ち遅れているような印象ですね。
遠征組ですので毎年「行くからには束」の気持ちで釣行しますが、年によっては3月半ばには釣行していますから、あと2週でそこまで上向くかというと不安が。。。
ヒウオが少ないとの話もありますがなんとか今年も楽しませてほしいものです。
 

こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 3月 1日(水)20時17分55秒
  眩影さん
ヒウオ不漁の話はよく聞きますねぇ。不漁の原因は、単に成長が遅れているだけだと良いのですが・・・
ホント、ドッと出てきてほしいですね。


mini-cooperさん
昨日もコアユゲットされたようですねぇ。
数はともかくとして、吾妻川でも釣れることが増えてきたようですね。
実は今日用事で行けないと思っていたのですが、出撃可能な時間ができたので、本日東レ排水口前に出撃してきました。ホームページを更新しましたので、良かったらそちらをご覧ください。

http://ushisan-web.com

 

吾妻川コアユ報告

 投稿者:mini-cooper  投稿日:2017年 3月 1日(水)11時48分59秒
  ushisan様 こんにちは。
昨日、吾妻川に行ってきました。11時ごろ到着、すでに東側に常連さん3、4人、西側に1人です。常連さんに状況を聞くと皆様ボーズのようで…ならば、先日2匹釣れた西側へ。先客にお聞きするとなんと・・5匹釣れたそうです。ここしかないと隣にお邪魔し釣り開始。
ほどなく、お隣さんは用事があるらしくご帰宅。東側の常連さんも昼過ぎには皆さん撤収され、お一人だけ西側へ移動され、一緒に最後まで釣りました。結果は、夕方4時ごろまでで私が5匹(うち、氷魚2匹)。先客様が5匹。常連さんチームが5匹。この日の吾妻川は、合計で15匹の小鮎が上がりました。
まだまだですが、来週ぐらいかなぁと常連さんはおっしゃっておりました。
以上、ご報告終わります。
私は次回の釣行は、21日OR23日となりそうで、その頃には本格化してるかなぁ~
 

おはようございます。

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 3月 1日(水)10時32分59秒
  ushisan様:

今年は湖東、湖北でもまだ釣れていないようですね。中日新聞に記事(下記リンク)が出ていましたがヒウオの漁獲量が平年の1/4と極端な不漁で、漁師も水産試験場も原因が分からず頭を抱えていらようです。どこかに隠れてるんなら出てきて欲しいですね。

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017022202000074.html

 

子鮎3年生さん、おはようございます

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 3月 1日(水)09時56分9秒
  粘りの貴重な1匹ですねぇ!
私自身今期のコアユにお目にかかれていないのは、その粘りが足りないのかもしれませんね。
次回出撃するときは、気になるポイントは1度で諦めずに、もう1度探りを入れることも必要なのかもですね。

http://ushisan-web.com

 

こんばんは

 投稿者:子鮎3年生  投稿日:2017年 2月28日(火)21時10分15秒
  ushisan様、皆様、こんばんは
子鮎3年生です(進級しました(^^;))。
いつもお世話になっております。

27日、僕も瀬田川に出動しました。
実はそれよりもまえから何度か出動したのですがいづれも短時間しかできず…。「ボ」の連続でした。

一昨日は2時間くらいはできたので、東レ排水口をスタートにあっちにいったりこっちにいったりしていました。がやっぱり釣れず(T_T)
釣れる感じがしない…。
鳥が川に潜って魚らしきものを食べてるのでなにかしらはいてるはず。
しかし釣れない。

しかしこのままやと不完全燃焼。14時すぎになって、もう一度排水口に戻ると、吹き出し口になにやら魚影が。

これは、と仕掛けを入れると今期初アユが掛かってくれました。

数はそれなりにいてたと思います。
がその後は掛からず。1匹だけ。(^_^;)
地元のかたも、いるけど食わん、と言ってました。

ですがいることは確認できたので、次回は時間帯と考えついた仕掛けで再チャレンジして見たいと思います。

いつも掲示板楽しく見せさせていただいております。
ありがとうございます

 

「すごく寒い」

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 2月28日(火)17時42分30秒
  眩影さん、こんにちは。
長期出張に行かれていたんですねぇ。
「マイナス6度…これで普通です」なんて、私にとっては寒すぎて家から一歩も出ないでしょうねぇ。私は京都生まれで京都育ちで、京都の底冷えどころではありませんね。

今のところコアユの方は、日によってポイントが当たれば数匹釣れるようです。私が聞いた中では、一日10匹釣った人が最高ですね。
地元の常連さんの間では、今年は遅れそうと言っておられます。遅れて釣れ始めて遅くまで釣れれば良いのですが、終わりは通常通りとの噂です。・・・ということは、終わりは6月半ば頃になりますねぇ。
マッ・・実際はどう出るか?たくさん釣れ始める日を楽しみに待ちましょう!

http://ushisan-web.com

 

なっから凍みる

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 2月27日(月)21時45分47秒
   先週から仕事で群馬県の山の中に長期出張しておりまして、釣りに行けません…(;_;)。仕事が終わる頃にはコアユが釣れ始めていればいいなぁと思っていましたが、なかなか釣れ始めてくれないですね~(^^;。

 写真1は国定忠治で有名な赤城山(あかぎやま)です。この頂上に赤城大沼というカルデラ湖がありまして、関東地方の氷上ワカサギ釣りの名所です。湖の標高はおよそ1400m、伊吹山の頂上とほぼ同等です。実は、昔この地に5年ほど住んでいたので一度行ってみたいなぁと思っていたのですが、朝は氷点下10度前後、昼間も暖かい日で5度とめちゃくちゃ寒い上に道具も揃えなければならず、腰が引けている間に福島第一の放射能汚染で釣果の持ち帰り禁止となり、結局一度も行けませんでした。2015年シーズンからようやく規制値(100ベクレル/kg)以下になったのですが、今も50ベクレル/kg前後の放射性セシウムが検出されます。もう6年になるのに…。

 写真2は標高2,158mの武尊山(ほたかやま)、本気の冬山装備のベテラン以外は近寄ることができない峻険な山です。この麓には数多くの渓流釣りポイントがありまして、もうすぐ解禁です…が、こちらも本気の装備で行かないと命が危ないです(^^;。なお、この地は日本で一番内陸にあり一番近い海まで150kmもあります。釣りが好きな人も意外にたくさんいるんですが、こちらでは釣りはそれなりの時間とお金と労力を費やしてやる趣味なのです。

 ここはGWぐらいまでは雪の恐れがある土地、毎年春が近づく度に、ふと思い立って出掛けて暖かい日差しの中ノンビリ釣れる琵琶湖のコアユ釣りが恋しかったです。スキーやスノボが好きならこの地は天国ですが滑れないし、釣り好きの私が関西に産まれたのは本当に幸福だったと気づきました。ちなみに、タイトルの謎の言葉はこちらの方言(上州弁)で「すごく寒い」という意味です。ちなみに明日の最低気温はマイナス6度…これで普通です(^^;。
 

mini-cooperさん、こんばんは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 2月27日(月)19時17分55秒
  mini-cooperさんは既にコアユの顔を見られたようですねぇ。
私は今日も「ボ」で、コアユの顔をまだ見ていないです。今年に入って5連続「ボ」で、昨年12月に1度行ってますから、それを入れたら6連続「ボ」です( ノД`)シクシク…
今日、東側で釣っておられた方が数匹釣れたようですから、もし明日行かれたら東側の方が良いかもしれませんね。明日もお天気良さそうですし、また釣れるかもしれませんね。

http://ushisan-web.com

 

吾妻川コアユ

 投稿者:mini-cooper  投稿日:2017年 2月27日(月)17時37分22秒
  ushisan様 こんにちは。
先日は、釣り場でお会いできお話しさせて頂いて有難うございました。
今日釣り場に行かれたんですねぇ。小鮎の姿は見られませんでしたかぁ?
私は明日休みなので釣行する予定です。ushisan様の爆釣情報があれば喜び勇んで出撃できたんですが・・・今日も寒かったので、明日も厳しい状況かもしれませんね。とりあえず、頑張ってきます(^^)v
実は先週23日、吾妻川に釣行し、コアユ2匹だけ釣れました。脈釣りでいくらしゃくっても釣れる気がしなかったので、ウキ釣りしておりましたら、何度かぴくぴくと反応があり、ようやく連れた感じでした。その日は数人の常連さんが竿を出されていましたが、この2匹以外は釣れていらっしゃらなかったです。その常連さんの話では、前日もお一人だけ2匹釣れたということでした。いつになればバタバタっと釣れるんでしょうか。
またご報告しますね。
 

ちょびさん、眩影さん、こんにちは

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 2月25日(土)16時29分29秒
  「2月頃の寒い時期に琵琶湖でワカサギが網ですくえる」というのは私は初耳でした。辰さんのブログで見られるんですねぇ。HPからリンクを貼っていながら、チェックしに行ってないのまるわかりですねぇ(^_^;)
たまには他の方のHPやブログもチェックしないといけませんね。<(_ _)>

③のウキはソリッドでも行けそうということは、竹串なんかも可能ですね。

http://ushisan-web.com

 

こんにちは。

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 2月25日(土)13時03分38秒
  ushisan様:
手に取るとそれなりのアラというか手作り感がありますが、写真だとキレイに見えますね(笑)。③のウキは、特徴的で大きいシルエットにすれば逆光でも動きが見えやすくなるというアイデアなので、スケールダウンすればちょい投げなんかにも使えますね。パイプトップなのは、試作品なので良くなかったらバラせるよう、玉を接着しなくて済む(パイプは先端を炙って潰せば玉が固定できる)からってだけですので、ソリッドでも良いと思います。

ちょび様:
ワカサギ掬いは、時折ここにお見えになる辰さんが最近ハマってらっしゃいますね。ここに行けば確実というようなポイントはなく、夜闇の中ヘッドライトを点けてひたすら足で魚影を探すのだそうで、大変ですがシシャモ並のワカサギが獲れるそうですよ。「柚子の大馬鹿 釣り日記」で検索してみて下さい。コアユ釣りの記事も大変為になるブログです。
 

ワカサギが網で・・・?

 投稿者:ちょび  投稿日:2017年 2月25日(土)12時13分18秒
  管理人様、皆様こんにちは。

昨年からコアユ釣りを始め、手軽さと楽しさ、美味しさに感動し、毎年の恒例行事にしようと思っているサラリーマンアングラーです。ちなみに普段は海で船釣りをしています。

コアユとは全く関係がないのですが、「2月頃の寒い時期に琵琶湖でワカサギが網ですくえる」と仕事でお世話になっているお客様から聞き、インターネット等で情報を集めていますが、これといった情報が得られず、こちらの掲示板の皆様であれば何かご存知では?と思い投稿させていただきました。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供をお願いします。
 

③のウキ

 投稿者:ushisan  投稿日:2017年 2月24日(金)21時22分21秒
  眩影さん、こんばんは。
ホント、眩影さんはいろいろ手作りされますねぇ。これまででも書き込んでいただいた中に画像を添付されていて、添付された画像を拝見させていただいていて思うのは、見た目も本当に良くできていると思います。
今回のウキも、そこらの釣具屋さんに売ってあっても売れそうな感じがしますもんねぇ。
③のウキはパイプトップに形の違ったシモリ玉を串刺しにしただけだとか・・・私にも簡単に作れそうなウキですねぇ。その作り方を応用したら、小物釣りのウキが作れそうに思いました。簡単にキレイに作れそうなので、私も作ってみようかなぁ。。。。。
パイプトップをソリッドのトップにしたらどうなるでしょうねぇ???

http://ushisan-web.com

 

ワカサギ用ウキ

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 2月23日(木)23時59分44秒
  ushisan様:

 そうですねぇ、ハリが付いていなくても半永久的に劣化しないナイロンやポリエチレンでできた釣り糸は小動物には脅威ですね。どこの釣り場にも落ちているので自分の釣り座にある分は自分のゴミと一緒に処分しています。また切れたり絡んだりした仕掛けはスチレンボードの切れ端に巻いて持ち帰り、損傷が少なければ再生し使い物にならなければサルカンなど使える部品を取って処分しています。

 話変わって先日来色々試しているワカサギ投げ釣りのウキの話ですが、私が使っているのは添付写真のようなモノです。右側の5本は自作品です。結論から言うと、遠投深ダナの投げ釣りには①~③のような負荷3号程度のものが良く、逆光・強風・遠投の悪条件下では③がベストでした。

 右の4本は元々メバル・ハネ用に作った負荷BB~2号の連珠トップウキで負荷が軽く細いので感度はいいのですが、近投・浅ダナ向きです。オモリ1~2号ではタナ10m以上になるとウキが立つまで10秒以上かかるし、距離20mで逆光では連珠トップでも全く見えません。3号のオモリをかければ5~7秒ぐらいでウキが立ちますが、①のウキ(アオリイカやノマセ釣り用)はやはり逆光では見づらいです。②のウキ(ライトカゴ釣り用)は逆光でも良く見えるのですが、羽根が風を受けるとフラつきます。また、ポリカンウキは逆光にも風にも強いですが、少しでも波立つとアタリが分かり辛くなります。

 ③は、常連さんが使ってらしたウキを真似て最近作ったものです。負荷3号のタマゴウキと7号のシモリ玉3個を紡錘型のシモリ玉を挟んでパイプトップに串刺しにし、脚を付けただけのものです。3号のオモリをかけるとシモリ玉2つ半が水面から出ますが、これがミソです。逆光でシルエットしか見えなくても多少波立っても、「見えてる玉の数」が変わることでアタリが分かるのです。また浮力が水面部分に集中しており脚が長いので帽子が飛ぶほどの風でもフラつきません。さすが常連さんの知恵と経験は凄いです。

 条件が許す限りは感度のいい小さめのウキを使うにこしたことはないですが、悪条件下でもコンスタントに釣果を上げる人は色々経験をベースに工夫しておられるのですね。
 

レンタル掲示板
/166