teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:689/3914 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

だんだん渋くなってる?布目湖のワカサギ

 投稿者:眩影  投稿日:2017年 2月 4日(土)22時34分33秒
  通報
   上津のほうで良い情報を聞かないので、いつもの布目ダム・焼却場へ出撃してきました。最終釣果52尾、198gで数は前回を下回りましたが型のほうは平均重量3.8gで相変わらず良いです。名人クラスは2束上げてる人もいたので単に私がヘタなんですが、前回に比べてアタリ少なく退屈でした。

 午前7時頃現場着、先客は先週と同程度、先週とほぼ同じ場所に入りました。やはり全員投げ釣り、私も投げ一本です。朝イチは結構アタリがあり快調に釣れていたのですが、後ろの藪に仕掛けを取られるわリールがトラブるわでタイムロスしている間に時合いが終わってしまいました。午前9時ぐらいから正午ぐらいまで全くアタリなし…日差しポカポカだったのが唯一の救いでした。午後に入ってもアタリは散発的で、夕マヅメになっても前回のように投げたら即アタリという状況ではなく伸び悩みました。朝イチはタナ7ヒロ程度でしたが、どんどん深くなって夕方のアタリ棚はなんと11ヒロ=16.5m!海釣りでもめったにない程の深ダナでした。夕方用事があったので午後4時前納竿。

 今日も風が結構ありウキが見辛かったしタナも深いので、6号のポリカンウキにオモリ5号でした。ポリカンウキだとシルエットが大きいので写真のように逆光にさざ波が重なってもウキを見逃すことはないのですが、いかんせんこんな大きいウキ+オモリだとアタリがわからず、上げたら付いてたパターンが多かったです。ウキの視認性と感度は相反することが多いので悩ましいですね。よく釣ってる人は極力小さいポリカンウキ、または天秤カゴ釣りに使う遠投ウキでしたので次回はそれ使ってみようと思います。

 又聞きになりますが、上津ダムのほうは1月中旬の大雪を境に状況が極端に悪化しているようです。おそらく除雪のために大量の塩カル(融雪剤)を撒いたのが湖に流れこんで、ワカサギがそれを嫌って水質のよい深場へ逃げ込んだのだろう、とのことです。布目も同じ状況なら、しばらく接岸してこないかもしれません。なお、布目のほうでは放流したワカサギの一部が大量死して絶対数が少ない模様です。数が少ないから餌が行き渡って型がいいのですね。でも上手い人は束行ってるし、私も投げ釣り苦手とか言ってないで修行を積まなければ(==)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:689/3914 《前のページ | 次のページ》
/3914